機械科ニュース

機械科ニュース

国家資格 技能検定3級機械検査 機械科2年生 55名合格

機械検査 機械検査
 1月31日(土)に実技試験、2月8日(日)に筆記試験が行われた国家資格 技能検定3級機械検査合格発表がありました。
 機械科2年生全員が受験し、見事55名(80.9%)が合格しました。

 資格表彰制度の技能検定3級機械検査の点数は、県知事表彰6点ジュニアマイスター12点です。
 機械科のジュニアマイスターがまた増えることになりそうです。

課題研究発表会

課題研究発表会
 機械科と電子機械科、合同の課題研究発表会、通称MR課題研究発表会が行われました。※課題研究についてはこちら
 今年度は17テーマに別れそれぞれ創造力豊かな課題研究の取り組みを発表しました。
 機械科と電子機械科の2年生も興味深く見学しており、来年度自分たちはどのようなテーマにするか参考にしていました。


課題研究発表会

課題研究発表会

課題研究発表会

課題研究発表会

課題研究発表会
  
課題研究発表会
MR(機械科&電子機械科)に興味を持った中学生は是非
2月1日(日)学校説明会に来てください。
申し込みは
こちら

トレース検定 90.8%合格

トレース検定 90.8%合格 トレース検定 90.8%合格
  10月19日(日)に実務技能検定協会によるトーレス検定4級が行われました。
 機械科1年生が全員受験し90.8%(76名)合格しました。
 トレース検定は機械図面を正確に・はやく・美しく、描く検定で、実技試験では機械図面をトレースし、理論問題では製図の知識を問われます。
 資格表彰制度の基礎製図検定の点数は、県知事表彰1点ジュニアマイスター1点です。
 機械科の資格取得は合格率100%を目指しています。

 

彩の国職業能力開発促進大会 技能者表彰

 11月27日(木) 埼玉会館で彩の国職業能力開発促進大会技能者表彰が行われました。
 機械科の生徒5名が、機械検査、機械保全の職種で優秀な成績を収めたことにより、表彰されました。

技能者表彰 技能者表彰

基礎製図検定

 基礎製図検定
 10月に基礎製図検定が行われ機械科の2年生35名が合格しました。
 基礎製図検定は機械製図の描き方、基礎知識が問われます。

 資格表彰制度の基礎製図検定の点数は、県知事表彰2点ジュニアマイスター2点です。

国家検定機械保全 合格者81% 

機械保全
 国家資格、技能検定3級機械保全を本校機械科3年全員が7月に受験し、81%(56名)が合格しました。
 機械保全技能士(機械系保全作業)は工場等の設備機械の故障や劣化を予防し、機械の正常な運転を維持し保全する能力を認定します。自動化技術やメカトロニクス技術を駆使して作られた高価で高度化・複雑化した近代的生産設備が増えるに伴い、従来以上に、設備機器に対するメンテナンスの重要性が高まっています。
 今年度も機械科は関東1位を目指して、着実に資格取得に励んでいます。


機械保全 機械保全

初級CAD検定

 7月に行われた初級CAD検定で機械科2年生71名が受験し57名(82.9%)が合格しました。
http://www.zenkoukyo.or.jp/ 初級CAD検定
  初級CAD検定はCADで機械図面を正確に・はやく・正しく描くことを目的とし、筆記試験と実技試験の両方が基準点以上でないと合格しません。本校機械科は独自のテキストを用いて、過去問を繰り返すことにより、高い合格率を保っています。
 資格表彰制度の機械製図検定の点数は、県知事表彰3点ジュニアマイスター3点です。

機械製図検定

機械製図検定
 機械科教育の振興・充実のため機械製図検定を実施しました。この検定は希望者受検で今年度は機械科の3年生2名が希望し、見事、2名とも合格しました。
 機械製図検定は6月に筆記試験それに合格すると7月に実技試験が受けられます。2名とも5月から試験対策勉強をし、結果を残すことができ喜んでいました。
 資格表彰制度の機械製図検定の点数は、県知事表彰3点ジュニアマイスター7点です。

計算技術検定3級 

計算技術検定3級      6月20日(金)に計算技術検定が行われました
 機械科1年生、73名が合格(合格率93.7%)しました。試験当日は緊張している様子が見られましたが、合格発表を見て多くの生徒が喜んでいました。
 機械科1年生はこの計算技術検定3級を全員受験します。入学して初めての検定試験でしたが、高い合格率は、入学以来、授業に意欲的に取り組んだ成果だと思います。不合格者も数名いましたが、1年生は着実に三工技スタイルになってきています。
 本校の資格取得の取組の成果として、平成25年度はジュニアマイスター認定者数が関東1位になりました。
 計算技術検定はジュニアマイスター認定への第一歩です。これからも授業に取り組む姿勢を大切にしていけば確実に記録が伸びるでしょう。1年生の今後の資格取得が楽しみです。