電子技術部

     

      

 

 

活動時間

 放課後16:00~18:00 その他大会等

活動場所

実習A棟1階 工作実習室

活動内容

大会参加用のロボット製作

部員数

3年 8名  2年 2名  1年  名 

備考

 一緒にロボコンしませんか?
 
大会参加記録

 

 

日誌

電子技術部

全国高等学校ロボット競技大会用のコートが完成しました。

第30回全国高等学校ロボット競技大会(青森大会)用の競技コートが、この連休中に完成しました。

今年は青森県が開催県なので、りんご畑をモチーフにした競技です。

生徒達はまだロボットの構想を練っている段階のようです。

 

例年ですと夏には埼玉県予選が開催されると思われます。

今年こそはちゃんと計画的にロボットを製作して、しっかりと練習をしてから大会に参加して欲しいと思います。

 

 

第15回日本工業大学マイクロロボットコンテスト高校生大会に参加しました。

第15回日本工業大学マイクロロボットコンテスト高校生大会 1インチ部門に参加しました。

優勝は愛媛県立松山工業高等学校でした。本校は初出場ながら6位と7位に入ることができました。(埼玉県では一番高い順位です。)

来年度はさらに上位に入れるように頑張ってほしいと思います。

あらためて講習会を行ってくださった、日本工業大学ロボティクス学科 秋元先生ありがとうございました。

  

 

5つあるトロフィーうちの3つのトロフィーが本校にあります。

埼玉県の工業高校生を対象に行われているアイデアロボットコンテストには5つの競技部門があります。

・ライントレース部門

              黒いシートの上に引かれた白い線をロボットがたどって走る速さ競う競技

 

・キャリアロボット部門

              操縦型のロボットでアイテムを運ぶ速さと正確さを競う競技

 

ロボット相撲

    丸い鉄板の上にロボットを置いてぶつけ合い、相手のロボットを押し出す競技

    ・自立型部門                     ロボットが自動的に動作する部門

    ・ラジコン型部門              人が操縦する部門

  

・ロボットアメリカンフットボール部門

  ロボットを操縦してコート内でボールを奪い合い、相手ゴールへ運び込む事で得点を競う競技

 

※この5つの競技全部に生徒達が挑戦しているのは県内で本校のみです。

 今年度の大会結果

  ライントレース部門                                       優勝        上位4位独占 5連覇中

  キャリアロボット部門                                   準優勝 3位 優勝までもう少しでした。

  ロボット相撲 自立型部門                          優勝、準優勝 22年ぶりの優勝

  ロボット相撲 ラジコン型部門                     優勝、3位  3連覇中

  ロボットアメリカンフットボール部門   初出場

 もう少しで4つのトロフィーが揃うところでしたが、残念ながらあと一歩力が及びませんでした。

果たして5つが揃う日は来るのでしょうか、、、 

興味のある方はぜひ電子技術部に遊びに来てみてください。 一緒にロボコンしませんか?

埼玉県産業教育フェア第31回アイデアロボットコンテスト ロボット相撲部門とロボフト部門に参加してきました。

12月27日(月)に鴻巣の関東工業自動車大学校で行われた「第22回高校生ロボットコンテスト」兼「埼玉県産業教育フェア第31回アイデアロボットコンテスト」に参加してきました。

本校からはロボット相撲ラジコン型部門に2台、自立型部門に2台、ロボットアメリカンフットボール(以下ロボフト)部門に1チームが参加をしました。

 

   

ロボフトでは残念ながら1回戦負けをしてしまいましたが、生徒達は最後の1秒まであきらめずに懸命に頑張りました。

ロボット相撲ではラジコン型部門、自立型部門の両部門で優勝し、出場したロボットは全て入賞いたしました。

第29回全国高等学校ロボット競技大会に参加しました。

結果報告が遅くなりましたが、第31回全国産業教育フェア埼玉大会「さんフェア埼玉2021」内で

行われた第29回全国高等学校 ロボット競技大会にチーム匠龍鬼三技式(しりゅうきさんぎしき)が参加しました。

残念ながら1次審査を通過できず、2次審査に進むことができませんでした、、、

ですが、参加したチームの中で唯一英語でのプレゼンテーションに挑戦したチームでした。

生徒達はプレゼン資料の作成を最後まで諦めずに頑張りました。今後、この全国大会への出場経験を生かしてもらえればと思います。

 

プレゼン資料は以下のページに令和4年3月まで公開されています。生徒達の頑張りを、是非ご覧いただければと思います。

https://sanfair2021.com/robot-kyogikai/

 

JMCR2022全国大会北関東地区予選大会 ベーシッククラスに参加してきました。

11月27日(土)に群馬県の太田工業高校で行われた、「ジャパンマイコンカーラリー2022全国大会北関東地区予選大会」のベーシッククラスに、電子技術部と電子機械科有志(4名)で参加してきました。入賞はできなかったものの生徒1名が埼玉県代表の枠を獲得し、年明けの1月8日、9日に広島県で行われる全国大会に出場を決めました。

   

   

マイクロロロボット製作講習会を行っていただきました。

先日11月23日(火)に、日本工業大学 先進工学部 ロボティクス学科 秋元先生をお招きして、

マイクロロボットコンテスト向けの、ロボット製作の出前授業を行っていただきました。

  

参加生徒全員がちゃんと動くかドキドキです。

  

全員がちゃんと動いて一安心です。

今回講習会に参加した生徒は12月の大会に参加を予定しております。生徒達がこれからどのように改良して大会に臨むのが楽しみです。

秋元先生、ありがとうございました。

 

第29回全国高等学校ロボット競技大会埼玉大会のプレ大会に参加しました。

9月19日(日)に第29回全国高等学校ロボット競技大会埼玉大会のプレ大会が埼玉県の工業高校のみを対象として行われました。

本校からリモート配信により2チームが出場し、1台が優勝、もう1台が4位という結果に終わりました。

そして、優勝したロボットは全国大会への出場枠を頂くことができました!!!!!!!

3年生は就職活動と重なり大変でしたが、生徒達は限られた時間の中でとても頑張って練習に取り組んだと思います。最後まであきらめず、よく頑張りましたね。

そして、ご協力いただいた多くの先生方にあらためて感謝を申しあげます。本当にありがとうございました。

今年度の全国大会はプレゼンテーション資料の提出を行うのみの大会なので、出場を勝ち取った生徒達には入賞を目指して動画の撮影や資料の作成を頑張って欲しいと思います。

    

第22回高校生ロボットコンテストに参加してきました。

8月27日(金)に鴻巣の関東工業自動車大学校で行われた第22回高校生ロボットコンテストに参加してきました。大会は感染症対策のため入退場時刻を分け、競技時間も分けられ実施されたため生徒達は結果が分からないまま帰宅する流れでした。本校からは電子技術部からキャリアロボット部門に2台、電子機械科生徒からライントレース部門に7台出場しました。キャリアロボット部門では準優勝・3位、ライントレース部門では優勝・準優勝・3位・4位と上位を独占いたしました。

ライントレース部門は5連覇しましたが、キャリアロボット部門では残念ながら全国高等学校ロボット競技大会埼玉大会参加への切符は逃してしまいました。

練習での最高点が出せていたら優勝できていましたね、、、本当に残念です。今後は今回の反省を踏まえて頑張りましょう。

         

    

 

令和3年度 電子技術部が始動しています。

電子技術部は各種ロボットコンテストへの出場を目指し、令和3年度も活動を始めています。

この4月に1年生2名が入部し、総勢12名になりました。

1、2年生は当面の間、資格取得や検定の為の補習が主な活動になってしまいますが、全員合格を目指して頑張っています。

そして第31回全国産業教育フェア埼玉大会「さんフェア埼玉2021」で行われる予定の「第29回全国高等学校ロボット競技大会埼玉大会」への出場にむけ、可能な範囲で準備を始めました。

他にも「高等学校ロボット相撲選手権 関東選手権」への出場も予定しております。

まとまった時間で活動が難しい状況ではありますが、今年度も大会での入賞を目指してがんばって参ります。