硬式野球部

硬式野球部

埼玉県マスコット「コバトン」

活動時間

 原則として週6日

活動場所

校内グランド

活動内容

  火曜~金曜:練習  土曜・日曜:試合等

部員数

3年生:9名 、2年生:7名、1年生:7名  23名

備考

 
 
日誌

活動日誌

新チーム始動・今後について

 初志貫徹  をチームスローガンに掲げ、2年生7名、1年生7名の14名で新チームがスタートし、夏休みもコロナ対策、熱中症対策をしながら日々活動を行っております。野球の技術向上もそうですが、精神的、肉体的、人間的にも大きく成長できる夏休みになればいいなと思うところです。

                 

 

                 

新チームで挑む初めての公式戦、令和3年度東部地区高等学校野球新人大会の日程が決まりました。

※3回戦を突破すると、秋季地区大会のシード権を獲得できます。

2回戦 (8/18)対 杉戸農業高等学校

3回戦 (8/21)対{(越谷西高等学校 対 蓮田松陰高等学校の勝者)対 草加西高等学校の勝者}

準々決勝(8/23)

準決勝 (8/24)

決 勝 (8/25)

 

《中学生の皆さんへ》

本校硬式野球部は、練習は本校グラウンド、練習試合は他校で行っています。

皆さんと野球を通して語り合えること、野球から沢山のことを学び合えること、そして、三工技硬式野球部の力になってくれることを心から楽しみにしています。練習見学や試合見学、学校見学等、ご希望ありましたら、硬式野球部監督の大塚もしくは、責任教師の岸村までご連絡ください。心よりお待ちしております

電話番号:048−958−2331(大塚・渡辺理・岸村)

令和3年度大会結果報告(第103回 全国高等学校野球選手権埼玉大会 7月9日~27日)

 

 2回戦  対 越谷総合技術高等学校  5- 4(勝利)

 3回戦  対   埼玉栄高等学校   1ー11(敗退)

 

 先日、報告させていただきましたが、13年ぶりとなる初戦突破を果たすことができました。迎えた3回戦、埼玉栄高等学校戦では、甲子園出場経験のある私学を相手に、臆することなく立ち向かい、5回を3−1で折り返すなど粘り強く戦うことができましたが、6回に相手の強力打線に捕まり、敗退を喫しました。

 コロナ禍で活動が制限される中ではありましたが、3年生を中心に、チーム一丸となって戦うことができ、大会を通して、野球人として人間的にも大きく成長することができたと思います。沢山の応援、ありがとうございました。

            

 本校硬式野球部は、専用の黒土グラウンドが無く、決して恵まれた環境ではありませんが、ラグビー部やサッカー部をはじめ、他の部活動の協力もあり、グラウンドにダイヤモンドを作り、野球ができることへの感謝の気持ちを忘れずに、野球を楽しみながら、日々活動しています。今回の選手権埼玉大会では、硬式野球部OBも応援に駆けつけてくれました。毎日駐車場で練習していた時代、人数も少ない時代もありましたが、その逆境にも負けずに、粘り強く繋いでくれたOBがいたから今の三工技硬式野球部があります。「13年ぶりの初戦突破」「全身全力野球の体現」で応えてくれた3年生には、スタッフとしても感謝の気持ちでいっぱいです。これで、3年生は引退となりますが、「誰かのために努力する高校野球」から得た大切なものを力に変えて新たなステージで努力・活躍してくれることを期待しています。先輩たちが築いたものを磨き、三工技硬式野球部をより大きくしていけるように精進して参りますので、今後とも応援をよろしくお願いいたします。

 

令和3年度大会結果報告(春季高等学校野球大会 地区予選 4月10日~16日)

 過日行われました選手権埼玉大会におきまして、保護者の皆様をはじめ、学校関係者、硬式野球部OBの皆様から、
多くのご支援とご声援をいただきありがとうございました。

 大変遅くなりましたが、今年度行われました大会の結果報告と合わせて、改めてご報告させていただきます。

 

 コロナ禍感染予防対策を行いながらの活動となりますが、今年度は、3年生9名、2年生7名、1年生7名の23名で挑みました。

 

《令和3年度 春季東部地区予選》

 1回戦  対 吉川美南高等学校  7― 3(勝利)

代表決定戦 対  宮代高等学校   1―12(敗退)

 

 粘り強く戦うことができ、初戦突破を果たすことはできましたが、県大会出場をかけた代表決定戦では悔しい結果となりました。三工技野球部初の春季県大会出場に向け、今後より一層、努力して参ります。

第103回全国高等学校野球選手権埼玉大会

第103回全国高等学校野球選手権埼玉大会 13年ぶり初戦突破

2回戦 越谷総合技術高校戦  越谷市民球場

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8
越谷総合
三郷工技 ×

投手 井上、今泉、藤崎-大沢

安打 煙山2塁打、渡邉3塁打、藤崎、今泉、石橋亨2塁打・3塁打、藤田、黒部

 

 

3回戦 埼玉栄高校戦    市営大宮球場(レジデンシャルスタジアム大宮)

学校名
埼玉栄       11
三郷工技      

投手 井上、今泉-大沢

安打  煙山、大澤

 

応援ありがとうございました!!

※8月17日から新人戦地区大会が始まります。

令和元年度 東部地区新人戦大会

8月17日 1回戦 草加南高校と対戦 2対2、7回コールドで勝利しました。

ヒット16本、毎回出塁と打順の繋がりもあり、大量得点で勝利することが出来ました。

8月22日 代表決定戦 越谷西高校と対戦 1対8、7回コールドで敗退しました。
代表決定権は取れませんでしたが、1回戦をコールドで勝ち、9月に始まる秋季高等学校野球大会東部地区予選に弾みを付けることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

仙台遠征合宿

  8月8日(木)~10日(金) 2泊3日で仙台遠征を実施しました。

  試合の方は、

   8月 8日  仙台大学VS日本ウエルネスの試合観戦

   8月 9日  宮城県大河原商業高校と対戦 敗退

   8月10日  東陵高校と対戦 敗退

                         
   新チーム初の遠征で、集団合宿、関東圏外のチームと対戦ができ良い経験ができました。また、七夕まつりも見ることが出来ました。

平成30年度秋季高等学校野球大会東部地区予選

8月17日に新人大会、9月7日に秋季大会東部地区予選が行われ、今回は、三郷高校と三郷工業技術高校の2校連合チームで出場しました。

新人大会は越ヶ谷高校と対戦し、3対13で敗れてしまいました。試合は負けてしまいましたが、本校の松田がホームランを打つなどの活躍が見られました。

新人大会 対越ヶ谷高校



秋季大会は3校連合(越谷総合、松伏、吉川美南)と対戦し、3対7で敗れてしまいました。得点のチャンスも多くありましたが、あと一歩およびませんでした。
しかし、選手たちは最後まで諦めずに頑張っていました。

秋季大会 対3校連合


第100回全国高等学校野球選手権記念南・北埼玉大会

7月7日(土)県営大宮公園球場にて、第100回全国高等学校野球選手権記念南・北埼玉大会の開会式が開催されました。本校野球部員も元気よく行進をしていました。



翌日、7月8日(日)上尾市民球場にて、1回戦を戦ってきました。
残念ながら、結果は0-5で寄居城北高校に敗れてしまいました。
この夏の大会は選手10名での出場でしたので、厳しい試合になりましたが、選手たちは最後まで全力でプレーをしていました。




試合中は、三郷北高校の吹奏楽部がスタンドで応援をしてくださいました。暑い中本当にありがとうございました。

試合終了後、マネージャーが作った鶴文字を寄居城北高校に託しました。



3年生3名はこの大会で引退となります。よく頑張ってくれました。



少ない人数ですが、これからも頑張っていきます。

平成30年度春季高等学校野球大会東部地区予選

4月11日~15日に、春季大会東部地区予選が行われ、越谷総合技術高校と三郷工業技術高校の2校連合チームで出場しました。
初戦は、4月13日(金)岩槻川通公園野球場にて開智未来高校と対戦し、12対5で勝利しました。続く代表決定戦は、4月15日(日)春日部牛島球場にて不動岡高校と対戦し、2対12で敗れてしまいました。残念ながら負けてしまいましたが、保護者の方々もスタンドで応援していただいている中、選手たちは全力でプレーをしていました。

1回戦 4月13日 対開智未来高校


代表決定戦 4月15日 対不動岡高校

第99回全国高等学校野球選手権埼玉大会

7月9日(日)市営浦和球場にて、夏の大会1回戦を戦ってきました。
残念ながら、結果は0-13で武蔵越生高校に敗れてしまいました。
今年は、選手が1年生と2年生だけなので厳しい試合になりましたが、
最後まで全力でプレーをしていました。




試合終了後、マネージャーが作った鶴文字を武蔵越生高校に託しました。


マネージャーは3年生なので、この大会で引退となります。
今まで三工技の野球部を支えてくれたマネージャーに、選手と顧問は
とても感謝しています。ありがとうございました。
1 0 1 4 3