校長挨拶
校長 石塚 貴久
 
  本校は、機械科・電子機械科・電気科・情報電子科・情報技術科の5学科からなる専門高校(工業高校)です。昭和60年(1985年)4月に開校し、創立36年目を迎えました。単に「工業」高校ではなく、全国で唯一「工業技術」高校と名乗っています。産業や「ものづくり」に直結する各学科の専門的な学習をとおして資格を取得し、地域や日本の未来を担う人材育成を目指す高校です。

 三郷市の北部に位置し、県東部地区の南部-三郷市・草加市・八潮市・越谷市・吉川市・松伏町の地区-を代表する専門高校です。地元の中学校から多くの生徒が入学しており、地域に根ざした高校として発展し続けています。地元の方々からは開校以来「三工技(さんこうぎ)」と親しみを込めて呼ばれています。

 本校の卒業生総数は、6,970名に達しています(令和元年度末現在)。専門高校としての性格上、卒業後すぐに民間企業等に就職する割合が高い傾向にありますが、より高度な技術や理論を学ぶために、大学や専門学校に進学する卒業生も毎年大勢います。

 本校の卒業生のほとんどは、主に製造・販売・運輸・情報通信などの様々な分野で活躍していますが、中には、プロサッカー選手の中澤佑二さん(元横浜F・マリノス:情報技術科9回生)、プロレーシングライダーの高橋裕紀さん(機械科16回生)といった有名人もいます。また、企業の上層部(役員)として活躍している方も現れてきております。

 「ものづくり」は、私たちの生活の基盤を構築し、日本社会の発展を支えるものですから、その精神や技術は次の世代に受け継がれていかなくてはなりません。本校では、その基礎・基本を学ぶことになります。
 
 中学生のみなさん、本校で3年間勉学を重ね、様々な実験や実習を経験し、多くの資格を取得してみませんか。そしてそれらを礎に、日本の将来を担うエンジニアとなり、地域、日本、世界を舞台に活躍してみたいと思いませんか!

 教職員一同、みなさんの入学を心からお待ちしています。

 

 

 

 

日誌

新規日誌2

期末考査1週間前になりました

うっとおしい雨模様が続いています。九州では、梅雨前線の影響で甚大な被害が出ておりますが、心からお悔みとお見舞いを申し上げます。

さて、本校は学校再開後なんとかここまで学習活動、進路指導等をできる限りの努力をもって行ってまいりました。保護者の皆様には、御理解、御協力ありがとうございます。

早いもので、夏休み短縮で延期になった期末考査も1週間後に迫っております。生徒の皆さんは準備大丈夫ですか?やっと始まった部活動も、今しばらくがまんして、しっかり勉強してください。特に1年生は高校入学後初めての定期考査試験です。中学校とは違い、2年生への進級や進路実現にも大きく影響する重要なテストになります。油断は禁物ですよ。悔いを残さないように全力で取り組みましょう。御家庭でも、その環境づくりに御協力よろしくお願いします。

また、心配なコロナ感染拡大状況ですが、東京を中心に首都圏では1日当たりの最大感染者数が更新される事態となっております。生徒の皆さんは、この週末はもちろん、不要な外出、特に繁華街など人が大勢集まるところへは、極力立ち寄らないよう留意してください。一人一人の努力で、健康を守っていきましょう。

 

6月22日から通常登校!

なんとか通常登校となりましたが、本来のように伸び伸びとはいかず、生徒の皆さんにはやや窮屈な学校生活かもしれません。3密を避け、ソーシャルディスタンスを意識して…といった具合です。とはいっても、仲間と顔を合わせての学校生活で、元気を取り戻した生徒が大方のように感じています。部活動も、まだまだ従来のようにはいきませんが、再開されました。しばらくは、感染拡大防止に神経を使いつつですが、生徒にとって少しでも有意義な学校生活となるよう学校と家庭で連携していきたいと思います。よろしくお願いします。

 

   

6月1日~3日 学年登校日

3日間、授業再開に向けて、1年生から1日ずつの登校日となりました。

各学年とも始業式(2,3年は着任式を含む)、学年集会、ホームルーム等の内容で実施しました。

校長からは、①あいさつの励行、②コロナ感染防止と生活の両立、③主体的な取り組みを、④良好な人間関係作り について講話を行いました。

8日からは、分散登校ですが、いよいよ授業が再開されます。校長講話の趣旨を踏まえ、学校生活のスタートをお願いいたします。

 

 

5月29日(金)学校再開に向けて

 だいぶ日が開いてしまいました。生徒の皆さんはいかがお過ごしですか?健康管理は大丈夫でしょうか?課題は順調ですか?

 間もなく、学校が再開されます。3年生は、5月27~29日に登校し、個別面談など進路に向けた準備を進めています。6月1日からは、学年ごとの分散登校がありますが、私も生徒の皆さんの前で話ができるのを楽しみにしています。

 さて、世の中は緊急事態宣言が解除され、経済活動が徐々に始まっています。新型コロナウイルス感染拡大防止との両立が大きな課題となっていますが、学校も置かれた状況は同じです。登下校時を含めた学校生活はもちろんですが、帰宅後の生活も油断ができる状況ではなさそうです。「緊急事態宣言解除」の意味は、経済活動や学校教育活動をウイルス感染防止を図りながら遂行するということで、以前のような自由が直ちに許されたわけではありません。

 我々はこのことを十分わきまえたうえで、学習活動の遅れを取り戻したり、進路実現に向けた活動を進めていかなければなりません。学校からも指導しますが、生徒一人一人が今まで以上に、この非常事態だからこその主体的、自律的な行動をとれるよう、お願いします。

     

         「学校再開に向けた子供たちへの教育長動画メッセージ」

            https://youtu.be/GKk63bCWaTg

 

 

4月22日(水)登校日

本日は、午前2年生2クラス、午後3年生2クラスが登校しました。臨時休業中登校日の予定は、今日が最終日です。5月7日(木)の学校再開までしばらくありますが、生徒の皆さんは引き続き感染拡大防止に留意しながら、課題や進路実現対策などに主体的に取り組んでください。

 

 

4月21日(火)登校日

本日は、午前2年生2クラス、午後3年生2クラスが登校しました。昨日の雨はあがり、のんびりとしたうす曇りの天気となりました。とは言え、新型コロナウイルス感染拡大は相変わらず予断を許さない状態で、登校日も必要最小限の設定としています。どうぞ、ご理解ください。

埼玉県教育委員会髙田教育長から、生徒と保護者へのメッセージがありますので、ご視聴ください。

http://www.pref.saitama.lg.jp/e2201/coronavirus/index.html#kyouikutyoudougamesse-ji

また、埼玉県知事からGWの過ごし方について、お願いのメッセージが発出されていますので、併せてご確認ください。

http://www.pref.saitama.lg.jp/index.html

 

 

4月20日(月)登校日

本日は1年生の登校日。午前3クラス、午後3クラスが担任の先生方から指導を受けました。あいにくの雨となりましたが、生徒の元気な様子が見られて少しだけ安心しました。

 

4月17日(金)登校日

臨時休業中の登校日初日。午前に2年生2クラス、午後は3年生2クラスが登校し、健康状態確認と今後の学習指導や進路指導などが行われました。マスクや消毒、広い教室の使用など、コロナウイルス感染防止策を講じながらの実施となりました。学校での授業が行えず、生徒の皆さんには不自由な高校生活となっていますが、今しばらく我慢して家庭でできる学習や進路実現対策に主体的に取り組んでください。20日(月)は1年生、21日(火)・22日(水)は2,3年生が予定されています。

 

 

第36回入学式を行いました。

 十分な換気や、座席間隔を大きく開けた会場レイアウトなど、新型コロナウイルス感染防止策を講じながら、第36回入学式が挙行されました。入学許可の場面では、一人ずつ呼名を受けながら起立し、校長とあいさつ(会釈)を交わしました。新入生代表の「誓いのことば」では、保護者への謝意を示しつつ、新生活での精進の決意が述べられました。新入生たちの顔は、少し緊張した様子ではありましたが、期待を胸に、とても晴れやかに感じられました。

 保護者の皆様、お子様のご入学おめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。3年間、いろいろあろうかとは思いますが、教職員一同、新入生の皆さんが伸び伸びと精いっぱい頑張り、たくましく成長していただけるよう誠意をもって支援してまいります。ご家庭のご理解、ご協力は不可欠です。どうぞよろしくお願いいたします

 

PTA会長祝辞.pdf   校長式辞.pdf

準備登校

4月から着任いたしました、校長の石塚です。よろしくお願いします。

早速ですが、本日は入学許可候補者を集めて、準備登校が実施されました。

コロナウイルス感染拡大防止策を講じながらとなりましたが、全体会、クラス別説明、物品受領と、スムーズに日程をこなすことができました。

みんな、程よい緊張感とワクワク感を持ちながら新生活の準備ができるのではないかなと感じました。

全体会では、入学式、進路、生活等について話がありました。

クラスに分かれて説明を受けています。

物品受領。受け取った中身を確認中です。