放送部活動記録

放送部

放送部1年が各科課題研究に密着!!

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。1月末に3年生の課題研究発表会が予定されています。私たち放送部1年は、大詰めを迎えた3年生の課題研究に密着しました。各学科の個性あふれる研究の一部をここで紹介させていただきます。 

 

機 械 科 **************************************

  

 機械科の広瀬さんと石塚さんはオシレーションエンジンの改良を行いました。オシレーションエンジンは圧縮空気を利用して回転する機械です。機械科の生徒は実習で1人1台制作します。2人はこのエンジンを改造して回転数を上げることに成功しました。研究を通して工作機械を操作する技術も向上したそうです。

 

電子機械科 **************************************

  

吉原さんの班は超音波を使って物体を浮上させる研究を行いました。実験に苦労したそうです。理論的には浮くはずなのになぜか浮かない。原因を突き止めるのに苦労しました。伊藤さんたちの班はホームセキュリティシステムの模型を製作しました。防犯カメラなどの様々なシステムをコンピュータで制御しています。

 

電 気 科 **************************************

  

有地さんと川口さんの班は電動皮むき器を作りました。電気工事で使用する大きさの様々なケーブルの皮を自動で剥くことができます。松井さんと川村さんの班はバッテリーカーを改良しました。卒業した先輩たちが制作したバッテリーカーに新たなバッテリーボックスを取り付けてパワーアップ。体重制限を大きく引き上げました。

  

情報電子科 **************************************

 

 近藤さんの班は技能五輪の出場選手の作業着につけるワッペンを制作しました。デザインは情報電子科をモチーフにしています。有賀さんの班は作ってほしいもののアンケートをとりました。ラグビー部が得点板を欲しがっていたので製作しました。そのほかにもスクラッチでゲームを作った班もあります。

 

情報技術科 *************************************

 

情報技術科の2つの班について紹介します。SNS系のツールを作った豊田先輩は学校全体のメンバーと深く関わることができるようなソフトを作りました。LEGOマインドストームを使った研究をした菅谷先輩は、ロボットをプログラミングして実際に大会に出場しました。( LEGO大会写真提供:情報技術科 江本先生 ) 

※このページに掲載したそれそれの研究は1/15から1/19にかけて放送された、お昼の校内放送「てく☆すて」課題研究特集で紹介させていただきました。

2学期を振り返って

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。

2学期はいろいろなことがありました。ここで振り返っておこうと思います。

 

2学期は学校行事がいっぱいです。体育祭、文化祭、学校説明会などなど。

いろいろなイベントで放送業務を担当させていただきました。

 

 文化祭・開会行事 

  

校内放送は朝の番組「おはサン」と昼の番組「てく☆すて」を、テスト期間以外の平日、毎日放送しました。文化祭では「てくすて」スペシャルを展開。オンラインを活用してテレビ放送を実施しました。

 

 

  

校外のイベントのお手伝いもさせていただきました。学校の近所のさつき平で行われるお祭りでは司会のサポート。子供たちと一緒にダンスも踊っちゃいました。全情研主催のプログラミングコンテストでは今年も司会を担当させていただきました。ありがとうございました。

 

  

 

大会にも参加しました。埼玉県放送コンクールには朗読とアナウンス、そしてVM部門に出場。朗読部門では2年生の田中恋夢が決勝大会に進出。優良賞をいただきました。VM部門では見沼田んぼでお米を作っている先生に密着してビデオムービーを制作しました。コンバインも運転させてもらいました。

 

 

 

 

3学期が始まります。3年生を送り出しつつ、さらに活発に活動していきたいと思います。

これからもよろしくお願いします。放送部でした。

ハロー!ハッピーフィスティバル in ららぽーと新三郷

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。

12月16日(土)、ららぽーと新三郷 の「緑の広場」で「ハローハッピーフィスティバル in ららぽーと新三郷」が開催されました。主催は三郷、八潮、吉川、草加、越谷、松伏のエリアで活躍するもコミュニティ放送「エフエムこしがや」です。近隣のキッズや学生が集まり、ダンスや合唱、バンド演奏が行われました。私たちは草加高校放送部と一緒にラジオ番組のステージ収録を行いました!!

 

 

ステージの上の2人のサンタクロースは草加西高校の放送部員、そして2人のトナカイが三郷工業技術高校の放送部員です。30分のトーク番組です。クリスマスの思い出や来年の抱負などについて語り合いました。2校のコラボ企画でしたが、学期末の忙しい時期だったので出演者4人の第1回顔合わせ&ミーティングはなんと本番1時間前。それでも4人は一瞬で意気投合し、30分の番組を走り抜きました。 日頃の校内放送活動の賜物です。

 

 

 

イベントの様子は12月24日(日)午後3時から、エフエムこしがやの番組で放送されます。

「ハローハッピーフィスティバル vol.2 in ららぽーと新三郷」

ぜひお聴きください!!

https://koshigayafm.co.jp/

 

 

 

 

修学旅行だぞ③

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。

 12月5日(火)から12月8日(木)まで2年生が修学旅行で沖縄に行っています。放送部では沖縄に行っている2年生から毎日、声のレポートを送ってもらって、朝の放送「おはサン」で放送することにしました。今回は最終回です。

 修学旅行の3日目は民泊でお世話になった南城市を離れて国際通りに向かいます。国際通りでは班別の自由行動です。お土産もここで買う人が多いです。放送部2年の上野がレポートを送ってきました。

 

 

 

国際通りでは沖縄ならではのお土産であふれかえっていたそうです。「ナイスランド」のスパムサンダルやTシャツ。様々な大きさ、形のシーサーたち。オリオンビールは家族のお土産に買って帰ったら喜ばれかもしれませんね。

 

 

賑やかだったのは「お菓子御殿」。ちんすこうやサーターアンダギーなど、沖縄のお馴染みのお菓子がたくさん。紅芋タルトの生産ラインも公開されていたそうです。ラインの上をかわいらしいタルトが列を作って流れていく様子にレポーターが興奮していました。

 

 

 

国際通りで昼食を済ませたあとは、グループに分かれて体験学習です。マリンスポーツ、カヌー、海釣り、文化体験の班に分かれての行動になりました。

 

マリンスポーツの班はドラゴンボートとシュノーケリングを体験しました。この季節に海で遊べるなんて、さすが沖縄ですね。

 

カヌー体験の班はマングローブ林を探検しました。マングローブの林は「海漂林」(かいひょうりん)ともいわれます。水の上に木が生えているのです。その間をカヌーに乗って探検したそうです。いいですね。

 

釣り体験の班は恩納(おんな)村の海岸でのんびり釣りを楽しみます。

 

沖縄文化体験の班は紅型(びんがた)にチャレンジ。「びんがた」というのは沖縄の染め物のことです。沖縄の独自の自然環境の中で生まれ、育ってきた沖縄独自の染め物技術。その「びんがた」でマットを作りました。

 

明日は修学旅行の最終日です。午前中にジンベイザメで有名な「沖縄美ら海水族館」の見学をした後、夕方の飛行機で帰途につく予定です。気をつけて帰ってきてくださいね。放送部でした。

修学旅行だぞ②

  みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。

 12月5日(火)から12月8日(木)まで2年生が修学旅行で沖縄に行っています。放送部では沖縄に行っている2年生から毎日、声のレポートを送ってもらって、朝の放送「おはサン」で放送することにしました。今日は2日目です。

 2日目は朝から民泊体験です。2年生は沖縄に到着した日の夕方、民泊先の南城市に入りました。南城市は沖縄本島の南東部に位置します。世界遺産である「斎場御獄(せーふぁうたき)をはじめ、深い歴史を刻んだ多くの「グスク」、東御廻り(あがりまーい)の文化遺産など貴重な歴史・文化史跡がたくさんあるところです。こちらで班ごとに分かれて、1日目の夜から3日目の朝まで、受け入れ家族の皆さんのお世話になります。

 

  

 放送部部長の中村朔哉がお世話になったのは沖縄そばなどを提供する飲食店を営んでいる与儀(よぎ)さんのお宅です。与儀さんのおばあちゃんはめっちゃ明るくてザ・おばあちゃんって感じ。いろいろお話をきかせてくれました。

 ******************************************

 おばあちゃんに沖縄のいいところを聞きました

 

沖縄のいいところは海、そして人間のハートが熱い、南部は特に。

 

おばあちゃんに、おすすめの沖縄の言葉を教えてもらいました。

 

 「めんそーれ」だね。それと「いちゃりばちょーでー」。一期一会という意味があるし、出会ったらみんな兄弟みたいなものだよって意味でもあります。みなさんと出会えてうれしいよ。南城に到着したときに「歓迎の舞」ってあったでしょ? あの人とばあばが交代であの舞を踊っているの。それで私はみなさんに会えてうれしいわっていうことで、「めでたい」っていう詞を踊ります。

 

おばあちゃんに昔の話をしてもらいました。糸満生まれのおばあちゃんは直接戦争を経験した世代ではないけれど、お母さんを戦争で亡くしました。兄弟は5人。お父さんは再婚しますが、相手の女性も夫を戦争で亡くした方でした。あたらしいお母さんにも5人の子供がいて、10人兄弟。苦労が多かったそうです。

 

 10人兄弟で女の子が多かった。男が2人で女が8人。それで父親がばあばに「高校行くな」っていうの。女の子は勉強しなくてもいいからって。それでばあばは高校は定時制に行きました。自分で働いて学校に通いました。夜中に勉強していても怒られてね。電気を消されちゃうの。だから布団を頭からかぶって寝ているふりをして、懐中電灯の明かりで本を読んで勉強したよ。「やるな」っていわれたら「なにくそ」って思うのよね。昼間は働いて、夜は高校に行って卒業したんだよ。米軍基地で兵隊さんの制服のアイロンかけをしました。毎日朝6時の一番車に乗って米軍基地に行って、4時まで働いた。8時間働いた後、終わったら学校だよ。6時から高校が始まる。そういう生活を4年間続けて卒業しました。

 

 おばあちゃんが営んでるお店は地元のみなさんの憩いの場となっています。お店の名前は「いなよー家」です。お店の話をしてもらいました。

 

出汁にこだわっている。化学調味料は使いたくない。自然のものでやりたいです。ばあばのは公民館と同じです。お店を開けていなくてもフツーに入ってくる。「本日閉店」の看板を出していても普通に「いる~?」ってね。そして中継の場所。「誰さんが取りに来るからちょっと預かっていて」といってみんなが荷物をあずけていく。そして別の誰かが「預かっていてくれててる?」ってとりに来る。郵便局みたいなかんじだね。そんなお店です。

 

 「いなよー家」の沖縄そばはイカスミ麺という変わり種の麺、そしてスープが絶品。うまみの爆弾って感じ。沖縄に行くことがあったら是非、南城市にも足を延ばして「いなよー家」を訪ねてください。

 

 ******************************************

 

 さて3日目の朝は民泊先の皆さんと涙のお別れをした後、国際道りで自由行動。そのあとは自然体験です。グループに分かれて、マリンスポーツ、カヌー、釣り、文化体験を行う予定です。またレポートが届いたら、WEBでも紹介したいと思います。お楽しみに。放送部でした。

 

 

修学旅行だぞ①

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。

 12月5日(火)から12月8日(木)まで2年生が修学旅行で沖縄に行っています。放送部では沖縄に行っている2年生から毎日、声のレポートを送ってもらって、朝の放送「おはサン」で放送することにしました。

 

  

 

1日目。午前8時45分に羽田空港を飛び立った2年生は12時ごろに無事に沖縄に到着。クラスに分かれて平和学習に向かいます。沖縄戦で集団自決の現場となった「ガマ」やひめゆり学徒隊の資料が見学できる「ひめゆりの塔」を訪問しました。

 

 

平和学習を終えた2年生の倉品くんが声のレポートを届けてくれました。

 

*****************************************************

沖縄に到着したときは、予報では雨だったんですが、めちゃめちゃ快晴で、幸運に恵まれたような感じでした。平和学習では「ひめゆりの塔」を訪問しました。私たちと同じくらいの年齢の学生が戦場で兵隊の看護をしていたという話を聞きました。自分たちも同じ経験をしたら辛いだろうと思いました。これから民泊体験になります。沖縄の家族の皆さんと仲良くなりたいです。

*****************************************************

 

 

1日目からいろいろ学ぶことの多い修学旅行のようです。

 

2日目は終日、民泊体験の予定です。またレポートが届いたら、WEBでも紹介したいと思います。お楽しみに。

放送部でした。

姉妹で出場!! 情報ネットワーク施工学生日本一決定戦!!!

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。今回は情報ネットワーク施工学生日本一決定戦に出場した、中村優希・心美姉妹の話題をお届けします。

 

情報ネットワーク施工とはインターネットや電話、光ファイバなどの情報通信の配線を行う工事です。学生日本一決定戦ではその速さや綺麗さを競います。上位入賞者は技能五輪の出場資格を得られます。この大会に本校情報電子化の中村優希・心美姉妹が出場しました。

 

**********************

 

姉の中村優希さんは3年生。2年生の時に大会初出場。今回は2回目の出場です。

 

優希さんはLANケーブルのコネクタ取り付け作業を50秒で終わらせることができます。この作業は情報電子科の1年生も実習で行いますが、たいていの人は1時間ぐらいかかります。慣れたひとなら10分ぐらい。その10倍以上のスピードです。工具裁きはスタイリッシュ!!めちゃくちゃかっこいいです。

 

学生日本一決定戦には情報電子科の先生に勧められて挑戦することにしました。以来、毎日放課後の時間を目いっぱい使い、多いときは6時間近く練習に励んでいます。練習していて楽しかったことは「記録が伸びたりとか、成果が出たりしたときです」です。逆に苦しかったことは「記録が伸びなかったり、成果が出ない時がすごく悔しいです」と語ってくれました。

  

今回の学生日本一大会での優希さんの成績は3位で、技能五輪出場資格を獲得しました。しかし昨年の結果は2位。順位は落ちてしまいました。たいへん悔しい思いをした優希さんは、その悔しさをばねにして技能5輪に向けた練習に励んでいます。バイトも一時的にやめて練習量を増やしました。「1つ順位を落としてしまった悔しさの分、去年よりやる気がある」「同じ学生で、一緒に練習しているライバルに勝って、学生の中で1番いい成績を残したい」と語ってくれました。学生だけでなく大人も出場する技能五輪、大変そうですが頑張ってください!卒業後も技能五輪の選手として活躍したいと言っていた中村さん。世界大会の金メダルを手にする姿を見てみたいです!

 

  

  

*************************

 

妹の中村心美さんは今回が初出場。まだ1年生ですが、着々と姉を追って実力をつけています。心美さんのすごいところは1年生でまだ練習を始めたばかりなのにもかかわらず大会出場を果たしてしまったということです。本来なら、1年生の時に授業でネットワーク施工の実習をこなして、そこから選抜されたメンバーが2年生から出場するこの大会に練習を始めてからたった2カ月、異例のスピード出場となりました。

 

心美さんが練習していて楽しかったことは「記録が伸びたり、みんなで一つの目標に向かって頑張るのが楽しい」で、苦しかったことは少し悩みながらも「まだない」と言ってくれました。今回初出場となった学生日本一決定戦の感想をお聞きしたところ「結果は残せなくて悔しかったんですけど、いい経験になったのでよかったです」と語ってくれました。

 

ところで、心美さんにはとてもチャーミングなあだ名があります。それは「ニジュウエリ」ニジュウエリって何なのでしょう……何かを二重にする作業が得意とか、二十の何かしらをこなすのが早いとかなんでしょうか…気になりますね! その訳は「記念写真で、作業着とシャツで襟が二重になってたからですね」と笑いながら答えてくれました。なんと二重襟だったんですね。色々な逸話を教えてもらった後に聞いたあだ名で、どこか期待しすぎていました。勝手に期待を膨らましてしまい、すみません…

 

 

 

*********************************************

 

技能五輪に向けて練習を続ける優希さんと、同じ部屋で姉を超えようと努力を重ねる心美さん。これからの活躍も期待しています!頑張ってください!

 

( 放送部 2年 上野瑛士 1年 四戸健斗)

夏休み運動部レポート2 屋内スポーツ編

みなさんこんにちは、三郷工業技術高校放送部です。前回に引き続き、運動部の夏休みの様子をお伝えいたします!今回日は第2弾、室内スポーツ編です。屋内スポーツは剣道部にスポットをあてて取材してきました! (・ω・)

 

剣道部は現在2年生2人で活動しています。夏休みは ・合宿・練習会・合同練習 を中心に稽古をしていました。

 

中でも福島県南会津町で実施された合宿は大変盛り上がったそうです7月30日から4日間の6校合同合宿。

(越谷高校・越谷西高校・栗橋国際高校・松伏高校・鳩ケ谷高校・三郷工業技術高校)

生徒の数は約35人!普段の練習とは全く味わえない規模です!!

いつもとは違う環境で、彼らはどんな気持ちだったのか?

部長の池端大和さん中心に、部員の水島さんにも聞いてみました!

 

「とにかく人数が多くて圧倒されていました。一番つらかったのはやっぱり素振りでした。何千本もやって、声が小さければすぐにやり直し。ほかの高校の先生方も厳しく、強い先輩方もいて試合では一回も取れなかったです。」

 

「ご飯を食べた後すぐに稽古をするのでつらかったです。ご飯の量すごく多くて、苦手なナスも残したらダメだったし、そのあとの稽古もハードで必死でした。」

 

「中でも鳩ケ谷高校の剣道部は本当に強いです。強者が集まっている高校で、顧問の先生も厳しかった...。素振りの量も多すぎました。」

 

「メニューの後顧問の先生にいただいたアイスやお菓子をみんなで食べました。すごく嬉しかった!!」

 

  ← 素振りの様子

 

 ← 練習後の三工技の3人

 

 ← 面打ちの様子

 

ありがとうございました!!

やるときはやる、メリハリをもって部活に取り組む剣道部でした(._.)

 

それでは、学校での稽古の様子はどんな感じなのでしょうか??

三郷北高校剣道部さんとの合同練習の日に突撃してきました!

 

  

 

部長の池端さん!今日の合同練習の感想を教えてください!!

 

「今日の稽古に点数をつけるなら50点ぐらいでした。今日は休みの人が多かったため、必要最低限のメニューしかできなかったからです。」

 

「三北の皆さんは視野が広く、周りを見る力が強いです。僕は自分のことで精一杯になってしまい、周りに気を配ることや先生方の手伝いをしたりすることが疎かになってしまっていたことを改めて痛感しました。夏休みの稽古を通して学べたことがたくさんあったので二学期も頑張りたいと思います!」

 

ありがとうございました。

そして、夏休み全力で頑張っていた剣道部の皆さんの二学期の目標をお聞きしました。

 

水島)誰よりも努力する!!!

池端)・仲間に的確なアドバイスを出せるようにする

    ・部長として全体をまとめる力をつける

 

ありがとうございました!目標に向かってこれからも頑張ってください!!

 

力を出し合いながら切磋琢磨する三人の部員を見守るのは、顧問の菊地春花先生です。

ご自身も11年間剣道と向き合い続けていて、腕前も素晴らしいのだとか!

先生に夏休みの活動の様子をお聞きしました。

 

「夏休みは暑く蒸した剣道場での練習なので、熱中症対策をしながら稽古をしていました。一学期よりも休憩を多くしてこまめに水分を取らせたり、剣道の面をつけないメニューをしたり。トレーニングや基礎練習を前より多くしていました。」

 

「三工技剣道部の目標は“感情・体調のコントロールをできるようになること“、そして”協力できる部活動にすること“です。11月には新人戦も控えているのでまだまだ頑張ってもらいたいです。」

 

   

  

11月の新人戦で夏休みに得た力を存分に発揮できるといいですね(´―`)

剣道部の皆様、取材にご協力いただき有難う御座いました!

 

今回は剣道部に重みを置いて取材しましたが、暑い体育館で頑張る体育館部活も忘れてはいけません!!! 先ほど菊地先生が教えてくれた熱中症対策。ほかの部活ではどうしているのか!? 放送部お得意の突撃インタビュー!してきました。どうぞ。

 

【バレーボール部】部長、副部長

「氷嚢の用意を増やしたり、体育館に大型扇風機を設置したりしています!」

 

【バスケットボール部】顧問:荻野先生

「一番大事にしていることは、部活に来る前の体調管理です。しっかり寝て、朝ご飯を食べる。あとはこまめに水分や塩分を取り、できる限り窓を開けて風通しがよくなるように工夫をしています。」

 

【☆バドミントン部】顧問:佐々木先生

「まず練習中に具合が悪くなったらすぐ外に出て風にあたるようにと声掛けをしています。夏休み中はOBが来てくれることが多く、差し入れで貰う塩分の取れるタブレットやスポーツドリンクを休憩中にみんなでとることも多いです。そして今年初の取り組みとして、部活の開始時間の繰り上げをしました。最も暑くなる時間までに家に帰れるようにするためです。」

 

【☆卓球部】顧問:松崎先生

「卓球場に扇風機がないので、電気科からお借りして何個か設置するようにしました。また、前よりも休憩を長めに取り塩分や水分を多くとるように促しています。」

 

☆バドミントン部・卓球部は八月に公式戦がありました。お疲れさまでした。

 

インタビューに協力してくださった皆様、ありがとうございました(__)

各部活様々な方法で熱中症対策をされているようでした!

三工技生が暑い中部活に打ち込めるのは、先生方のお優しいひと手間があったからですね(´・ω・)

 

本日は夏休みの運動部密着第二弾「室内スポーツ編」でした!いかがでしたか? この夏は全国的に猛暑が続き、38度以上の危険な暑さも相次ぎました。そんな中で、2」学期に行われる公式戦・新人戦に向けて全力で練習する運動部の皆さんは本当にかっこいいですね(・_・) 取材を受けてくださった皆様、ありがとうございました!これからもどうぞよろしくお願いします。以上、三郷工業技術高校放送部でした!

 

( 放送部2年 田中恋夢  1年 四戸健斗 )

夏休み運動部レポート1 屋外スポーツ編

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。

 

夏休み中の運動部の活動の様子を2回に分けて特集します。今回は屋外スポーツの紹介です。運動部にとって夏休みは、とても大事な期間です。3年生は引退し、1年生と2年生を中心とした部活が始まります。部長も変わり、部活内の雰囲気も一新されます。そんな中で、この夏休み中にいかに部活をまとめていくかが今後の成長のカギとなるでしょう。( -`ω-)

 

三郷工業技術高校の屋外スポーツの運動部は陸上競技部、サッカー部、ラグビー部、野球部、硬式テニス部、ハンドボール部、ワンダーフォーゲル部の7つです。今回はテニス部と陸上部をピックアップします。

 

初めにテニス部です。取材に伺った日が新人戦の前日であり、緊張感が漂っていました。テニス部の夏休みの練習日程は週5日、OFFの日は毎週木、日曜日です。夏休みの大きなイベントは、“合宿”です。一泊二日で、学校の合宿棟で行われました。この合宿は、今まで行っておらず、今年初めての試みだとか。この合宿の発案者は顧問の迎先生です。迎先生は「部員たちの普段は見られない一面が垣間見えました。静かな人のテンションが上がっていて、反対に、いつもはお調子者な人がBBQでは、率先してお肉を焼いていました。」と、感嘆の声をこぼしました。新人戦に向けての大事な強化合宿でしたが、テニス部員からは、「夜はBBQを行い、メリハリのある楽しい合宿であった」「日中の練習は大変だったがとても良い経験になった。」と好評だったようです。

 

  

 

続いて陸上部です。一年生4人が練習に精を出していました。陸上部の夏休みの練習日程は週6日、OFFの日は毎週日曜日です。夏休みの大きなイベントは、 “プール練習”です。この練習は松伏高校さんと合同で行われました。プールの中で走る際、泳ぎと違い、水は最大の障害となりおもりとなります。その中での運動はかなり効果的でしょうね。プールの中で鬼ごっこをするだけでも相当の運動量になります。部員たちからは「普段やらないプール練ができて楽しかった」と、よい感想が聞けました。陸上部の次の大会は、9月に行われる新人戦です。今回取材に応えていただいた一年生4人のうち、2人が長距離、1人が短距離、1人が円盤投げに出場します。「自分らしい走りをする」「新記録を出す」「東部の地区予選を勝ち進む」など各々の目標を掲げていました。

 

以上、第1部の屋外スポーツ編でした。第2部は屋内スポーツ編をお届けします。

 

( 三郷工業技術高校放送部 2年 中村朔哉 1年 本橋陽人 )

夏休みの中学生部活体験。放送部では模擬放送を体験!!

皆さんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。今回は8月3日に行われた中学生向け部活動体験の話題をお届けします。放送部にも参加者が来てくれました。今回来てくださった中学生は放送委員会に所属しています。高校でも校内放送をしてみたいということで、放送部の体験を希望したそうです。

 

 今回の体験入部では模擬放送を行いました。参加者にはレポーターを体験してもらいました。校内の話題を取材し、番組に出演してレポートを行います。

 

 中学生の体験者が気になっている学科を取材します。今回は情報電子科を取材させていただきました。川島先生と阿部先生に、「学科の魅力」と「最近起こった学科のニュース」について語っていただきました。川島先生、阿部先生ありがとうございました。

 

 体験者は特段緊張をしている様子もなく、気圧されずに先生方にマイクを向けていました。急に振られた役割にもかかわらず、そつなくこなしていました。入学した折にはぜひとも放送部に入っていただきたいものです。必ずや即戦力となるでしょう。番組体験をしてくれた中学生にも、情報電子科の魅力が伝わったと思います。

 

  

 

続いて体験してもらったのは、番組のレポーターです。

 

番組の中ではレポーターが自分で取材してきた出来事についてレポートします。放送部員に交じっての放送でしたが、現役の放送部員に負けないくらい活舌がよく、マイクの乗りも良い声で、ますます来て欲しくなりました。

 

体験者に感想を聞くと、「中学の放送委員会よりも本格的でおもしろかった」とのこと。好評だったようです。今回の体験入部を楽しんでいただけたなら何よりです。放送部が気に入ってくれたらうれしいな。入学後はぜひ放送部に!!放送室で待っています!でもそのまえに受験頑張ってくださいね。

( 放送部2年 中村朔哉 田中恋夢 高橋広明 )