電子機械科ニュース

電子機械科

電子機械科2年生を対象に実習で製作したロボットで大会を開催しました。

本日、電子機械科2年生を対象に実習で製作したロボットで大会を開催しました。

  

本校の電子機械科では1年生と2年生の実習を通して、テレビリモコンの信号によって直進や旋回をするロボットを

1人1台製作します。

 

幅30cm直線距離3mを走行するタイムを競いますが、なかなか操作が難しく、みんな苦戦しています。

 

 

ロボットの完成度や操縦テクニックが記録に大きく影響します。ゴールまでもう少し!!

 

優秀な記録を出した人達には電子機械科長から表彰状が贈られました。

 

 

最後まで諦めずロボットの調整をし続けた皆さん、今回は結果がついてこなくても皆さんにとっていい経験になったと

思います。お疲れさまでした。

 

 

 

 

0

LHRの時間で2年生専門コースの生徒達がゴミ拾いをしてきました。

2月1日(木)のLHRの時間に電子機械科2年の生徒達が学校の周りのゴミ拾いをしました。

   

想像以上にタバコの吸い殻や空き缶が落ちており、みんなでビックリしてしまいました。

   

最初は嫌そうな顔をしていた生徒もいましたが、最後は少し達成感があった様子。

  

風が強くて寒い中でしたが、ありがとうございました。お疲れさまでした。

 

0

ジャパンマイコンカーラリー2024全国大会に出場してきました。

報告が遅くなりましたが、昨年末の12月27日、28日に長野県松本市で行われたジャパンマイコンカーラリー

2024全国大会に電子機械科の代表生徒が出場してきました。

生徒は初めての全国大会出場にとても緊張していました。

 

予選では3回走行のチャンスがあり、周回コースを1周した走行タイムを競います。

出場した生徒はAdvanced Classと呼ばれるレベルの高い部門に出場したので、

速い走行タイムをたたき出した上位32台のマイコンカーが決勝トーナメントに進むことができます。

残念ながら予選で1周もすることができず決勝トーナメントまで進むことができませんでしたが、

出場した生徒は最後まで諦めずに頑張って取り組んでいました。

 

埼玉県の高校でマイコンカーラリーに取り組んでいるのは三郷工業技術高校のみになります!!

ぜひ興味のある方は見学にお越しください。一緒にマイコンカーラリーに挑戦しませんか?

 

 

 

 

0

ジャパンマイコンカーラリー2024 全国大会北関東地区予選大会に参加してきました。

11月18日(土)に足利大学で行われた、ジャパンマイコンカーラリー2024北関東地区大会に

電子技術部と電子機械科生徒が出場してきました。

  

  

 1年生は初めてのマイコンカーの大会にとても緊張していましたが、最後まで諦めずにマシン調整を

頑張っていました。

Advanced Classに出場した2年生の生徒が1名、12月27日・28日に長野県で行われる全国大会への出場を

獲得しました。

限られた時間の中ですが、全国大会に向けてできる限りのことを頑張って欲しいと思います。

 

 

 

 

0

第33回埼玉県産業教育フェア 工業高校生アイデアロボットコンテストに参加してきました。

11月11日(土)に大宮ソニックシティで行われた、第33回埼玉県産業教育フェア埼玉県工業高校生

アイデアロボットコンテストに電子機械科生徒達が参加してきました。

 ロボット相撲 自立型部門で、優勝、準優勝 (3連覇)

ライントレース アドバンスクラスで、優勝、準優勝 (6連覇)

ライントレース ベーシッククラスで、優勝、準優勝、3位(上位独占)

 という結果でした。 

  

  

  

 

今回の経験を生かし、来週行われるジャパンマイコンカーラリー北関東地区予選大会や、12月に行われるロボット相撲500g

プレ大会も頑張って欲しいと思います。

  

0

第43回全日本マイクロマウス大会のロボトレース競技に出場してきました。

2月19日(日)に浅草にある東京都立産業貿易センターで行われた第43回全日本マイクロマウス大会「マイクロマウス2022」の

ロボトレース競技に電子機械科3年生1名が出場してきました。

3分間で、黒い板の上に貼られた白いビニールテープの上をロボットが走り、スピードと巧みさを競います。

   

例年に比べて難易度の高いコースのため、完走率が低い中でなんとか記録を残すことができました。

大学生や社会人の中で健闘し17位 高校生の中では3位という結果でした。休みの日も登校して調整してよかったですね。

この経験を活かし、卒業してもものづくりに挑戦して欲しいと思います。

0

ジャパンマイコンカーラリー2023全国大会に出場してきました。

1月7日、8日に大阪府寝屋川市にある大阪電気通信大学で行われた、ジャパンマイコンカーラリー2023全国大会に

本校生徒2名が出場してきました。

  

Basicクラスに1年生が1名、Advancedクラスに3年生が1名出場しました。

本校としても初めての全国大会出場(昨年度は全国大会中止)のため、とても緊張していました。

残念ながら2名とも完走せず、決勝トーナメントには進めませんでした。生徒たちは全国レベルのマイコンカーを

直接みることができてとても学ぶことが多かったようです。

3年生は最後の大会となりましたが、1年生には先輩の思いを受け継いで来年度以降も頑張って欲しいと思います。

埼玉県内でマイコンカーラリー大会に取り組んでいる高校は本校のみになります。興味のある方はぜひ見学にお越しください。

 

 

 

 

0

第32回アイデアロボットコンテスト ロボットアメリカンフットボールの部に参加してきました。

12月17日(土)に埼玉県立越谷総合技術高等学校の卓球場で行われた、第32回アイデアロボットコンテスト

ロボットアメリカンフットボールの部に電子機械科の課題研究班5名2チームが参加してきました。

   

本校は昨年度からロボットアメリカンフットボール(以下ロボフト)部門に挑戦し始めました。生徒たちもみんな初心者なので緊張しています。

  

2年目にして今回、初めて得点を入れることができました!!

まだまだ試行錯誤が必要ですが、確実に言えることは他校に比べて練習量が足りませんでしたね、、、

2チームとも初戦敗退となりましたが、とてもいい経験になったと思います。お疲れさまでした。

次は課題研究発表の準備になります。最後まで頑張りましょう。

 

 

0

全日本ロボット相撲大会一般の部に電子機械科生徒2名が参加してきました。

12月10日(土)11日(日)で東京の両国国技館で行われた全日本ロボット相撲大会一般の部に電子機械科生徒2名が参加してきました。

     

ロボット相撲選手権関東大会での優勝ということで、自立型のシード枠で出場いたしました。

残念ながら全国トップレベルの方とすぐに当たってしまい敗北してしまいましたが、生徒たちは直接いろいろなお話を聞くことができて、とても勉強になったようです。

ありがとうございました。

     

今回の大会で今年度のロボット相撲大会は終了となりますが、来週にはロボットアメリカンフットボール埼玉県大会が予定されているので、そちらも頑張って欲しいと思います。

 

0

埼玉県代表として高校生ロボット相撲全国大会2022に参加してきました。

11月26日(土)に福島県郡山市のビッグパレットふくしまで行われました、高校生ロボット相撲全国大会2022に

自立型1台とラジコン型1台、電子機械科生徒4名が埼玉県代表として参加してきました。

 

自立型が1回戦で沖縄県代表の沖縄県立浦添工業高校と対戦し本校のロボットは歯が立たず壊れてしまい敗退。

浦添工業高校はその後も順調に勝ち進み4位でした。

ラジコン型が1回戦不戦勝で2回戦に進み、群馬県代表の群馬県立新田暁高校と対戦しました。

運よく勝利し、3回戦で福岡県代表の福岡工業大学附属城東高校と対戦し、圧倒的な強さで全く歯が立たず敗退という結果でした。

城東高校は勝ち進み2位でした。ラジコン型は本校過去最高の記録でベスト8という結果です。とてもよく頑張りました。

そして生徒達は全国トップレベルのロボットの動きを目の当たりにしてとても驚いていました。

    

自立型は12月10日(土)11日(日)に両国国技館で行われる全日本ロボット相撲大会2022 に出場が決まっていますので、

その時まで諦めずに頑張って欲しいと思います。

 

0

第32回埼玉県産業教育フェア 埼玉県工業高校生アイデアロボットコンテストに参加してきました。

11月12日(土)に大宮ソニックシティで行われた、第32回埼玉県産業教育フェア埼玉県工業高校生アイデアロボットコンテストに参加してきました。

 

ロボット相撲 自立型で優勝、準優勝

ロボット相撲 ラジコン型で優勝、アイデア賞

ライントレース アドバンスクラスで優勝~4位、上位独占

ライントレース ベーシッククラスで準優勝、3位、アイデア賞

 という結果でした。 

      

    

 ロボット相撲で優勝した2チームは11月26日に福島県郡山市で行われる「高校生ロボット相撲全国大会2022」へ埼玉県代表としての出場枠を獲得しました。

3年ぶりの全国大会です。よい結果を出せるように、最後まで諦めずに頑張って欲しいと思います。

0

第38回マイクロマウス東日本地区大会に参加してきました。

10月2日に神奈川県厚木市で行われた、マイクロマウス東日本地区大会のロボトレース競技に

電子機械科の生徒4名が参加してきました。

初めて参加する県外の大会に、参加した生徒全員が緊張していましたが、最後まであきらめずに健闘しました。

全員が無事に完走し、来年の2月19日(日)に浅草で行われる全日本マイクロマウス大会への出場権を獲得しました。

また社会人や大学生の方々が製作したロボットの技術力を目の当たりにして、全員がとても驚いている様子でした。

年明けの全国大会に向けて、これから設計の見直しやプログラム製作・調整を頑張ってほしいと思います。

 

  

 

 

 

0

出前授業に行って来ました

本校では学校・学科に対する理解を深めていただくため、近隣中学校を対象に出前授業を行っています。

電子機械科では、9月1日(木)に八潮市立八條中学校へ出前授業を行ってきました。

2・3年生を対象に「ワイヤレス電力伝送装置」について授業をしました。

身近なワイヤレス機器を紹介したあとに、実験も交えながら原理と仕組みについて解説しました。

   

中学生の皆さんは、真剣に話を聞き、授業を受けてくれました。

この出前授業をきっかけにものづくりに広く興味・関心を持ってもらえたら嬉しいです。

0

夏休みも終盤です

現在3年生は就職活動と並行に課題研究及び8月29日に実施される

埼玉県工業高校生アイデアロボットコンテスト出場に向けて追い込み中です。

(関東工業自動車大学校で実施)

   

   

  暑い夏もあと少しです! 高校生活の夏を後悔のないように!

0

2年間の集大成

電子機械科では2年間の実習で、機械、電気、制御について学び、製作を行なっています。

各分野ごとに製作をしたパーツを2年生の最後の実習で、組み立て、動作確認を行いました。

    

組み立て途中トラブルもありましたが、うまく動いたようです。

3年生になったらカスタマイズして大会を開きたいと思います。

 

0

令和3年度後期技能検定 【電子機器組立】

1月22日(土)本校において技能検定 電子機器組立の実技試験が実施されました。

 

技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。

技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、

職業能力開発促進法に基づき実施されています。

電子機器組立て作業に求められる技能 とは?

(1)作業の段取り(作業計画の立案)

(2)電子機器の組立て

(3)電子回路の点検  (中央職業能力開発協会HPより)

 

夏休みからものづくりマイスターの指導を仰ぎ、実技練習を行ってきました。

練習した成果が発揮できていると良いです。

次は2月6日(日)に実施される筆記試験に向けて取り組んで欲しいと思います。

筆記及び実技試験を合格すると電子機器組立て技能士3級となります。

0

第36回全日本学生マイクロマウス大会 ロボトレース競技に参加しました。

12月18日(土)に神奈川県厚木市の厚木商工会議所で行われた「第36回全日本学生マイクロマウス大会」の

ロボトレース競技に電子機械科3年生2名が参加しました。

2名とも初めての県外大会に緊張していましたが、無事に完走して記録を残すことができました。

期末考査終了後1週間という時間のない中での製作でしたが、最後まであきらめず頑張りました。

昨日大会結果が発表され、大学生や専門学校の学生達も参加する中で11位、12位という結果でした。

調整する時間もなかなか取れず、生徒達にとっては不完全燃焼だったかもしれませんが、

卒業後も参加できる大会なので、この経験を生かして今後も大会に挑戦し続けて欲しいと思います。

   

0

第36回全日本学生マイクロマウス大会 ロボトレース競技に参加をします。

12月18日(土)に神奈川県厚木市の厚木商工会議所で行われる、第36回全日本学生マイクロマウス大会の

ロボトレース競技に本校電子機械科の3年生2名が参加を予定しております。

昨日、期末考査も終わり競技練習用のコースを準備いたしました。

ロボットはまだ未完成の状態ですが、残り4日間、、、本当に間に合うのでしょうか・・・?

当日大会の模様も配信されるそうなので、是非ご覧いただければと思います。

0

3学年 課題研究

緊急事態宣言があけ、10月から平常授業となり、課題研究の授業では各班ともに懸命に取り組んでいます。

今後発表のためのプレゼンテーション資料の作成や研究の抄録作成も頑張ってほしいと思います。

各班のテーマ

 PC一体型プロジェクタ、ゲーム製作、ドローン、自転車トレーニングローラー、原動機付自転車

 ロボットアーム、ガンプラ電飾、Bluetooth戦車、ユニコーンガンダム、二足歩行ロボット、ニキシー管など

 PC一体型プロジェクタ        

     

0

ものづくりマイスターによる電子機器組立講習 

 埼玉県職業能力開発協会 様 より ものづくりマイスター(熟練技能者)の派遣指導による講習会が行われました。

 講師は、日本信号(株)OBでもある 田口 定夫 様 

 生徒参加者は15名で、10回実施予定です。

 生徒も夏季休業中ではありますが、電子機器組立技術の習得に一生懸命取り組んでいました。

 技能検定(電子機器組み立て)全員合格を目指し、筆記試験とともに頑張ってほしいです。                

                                                            

0

1年生 工業技術基礎(旋盤実習 第2週目)

第2回目の旋盤実習では、旋盤へ材料(アルミ丸棒)の取り付け方・スローアウェイバイトでの端面切削と面取りのを学習しました。

旋盤実習は電子機械科の実習の中でも1・2に危険度の高い実習なので、生徒達は緊張感をもってそれぞれ真剣に実習に取り組んでいました。

0

2年生 電子機械実習 ② (マシニングセンタ)

今日は、2年生で行う実習の1テーマ「マシニングセンタ実習」について紹介します。

「マシニングセンタ」とは、プログラムを入力することにより自動的に機械加工を行うPCを搭載した大型の工作機械

です。

生徒達は、Gコード・MコードなどのNCプログラムコードを用いて、プログラムを作成し、2年間の実習を通して製作するロボットの1パーツである「モータマウント」を製作します。

実習なので全てをマシニングセンタでは仕上げません。

残り数か所の穴開け作業は、ハイトゲージ・ボール盤の使い方やタップでねじ切りの方法を学ぶために手作業で行っていきます。

三工技の生徒は、座学より実習の方がみんな活き活きとしています。

 

 

0

3年生 電子機械実習(マイコン実習 3週目)

 今回は4班あるうちのマイコン実習について紹介します。

 この実習は、Ardinoマイコンを用いて、デジタル信号・アナログ信号の入出力のプログラムを作成し制御について学習します。

 今回の3週目の実習では、ステッピングモーターを用いて、細やかで正確な角度の回転や、回転スピードの制御の学習をしました。

実習の様子1実習機器実習の様子2実習の様子3

0

1年生 工業技術基礎 開始!

前回まではオリエンテーションや、レポートの書き方について

講義を行ってきましたが、今週からいよいよ機械系・電気系と

2班に分かれ本格的な実習が始まりました。

 

今日は電気系実習について紹介します。

1年生では教室で実施する座学と言われる理論を学ぶ授業と併せて、

実習がリンクしています。

座学において「生産システム技術」「情報技術基礎」で電気や情報の基礎を学び、

実習で実験を行い理論通りになるか確認をします。

本日の実習は【電気計測】について・・・

この実習では中学の時にも扱った電圧計や、電流計の正しい読み方、

計測機器の扱い方について説明を受け、実際に0.000の値まで読めるよう

練習します。

 

どの生徒も真剣な表情で計器を読んでいます。

 

最後の時間はオームの法則について復習と、正しいグラフの書き方

について学びました。

注意事項を守ってグラフを仕上げましょう!

「正確に・はやく・美しく」校訓目指して頑張れ!!

0

3年生 電子機械実習

3年生の実習では、1・2年次学習した内容を積み重ね、応用力が求められます。

 

今回は4班あるうちのFA実習について紹介します。

FAはFactory Automationの略で工場における生産工程の自動化を図るシステムを指します。

この実習においては自動化を図るシステムの基本である、有接点シーケンス・無接点シーケンスの学習をします。

※有接点シーケンス・・・電磁リレーをスイッチとして利用し制御する方式

 家電製品から産業機械、鉄道まで電気を使った機械・装置に使用されています。

※無接点シーケンス・・・半導体を用いた論理素子をスイッチとして利用して制御する方式

 工場などの自動機械の制御に使われるほか、エレベーター・自動ドアなど、身近な機械の

 制御に使用されています。

今週の班は課題を各自で見つけて設定し、様々な回路を作って楽しんでいました。

0

2年生 電子機械実習①

本日、先週に引き続き2回目の電子機械実習が行われました。

 

今日は機械加工1の一コマについて紹介します。

この実習は1年次に製作していた自立型移動ロボットのホイール製作の

続きになっており、旋盤を使用してアルミの丸棒をホイールに加工します。

1分間に1300回転する材料に刃物を当てて削り出していきます。

気を抜くと大きな事故になります。

服装を整える。保護めがねは重要です。

1年次よりうまく出来たかな?

0

1年生 工業技術基礎 2回目

先週の工業技術基礎では、物品配布、次週の心構え

各担当者による実習の概要について説明がありました。

第2回目はプレ実習として、実習の取り組み方レポートの書き方

ついての説明です。

実際に集積回路(論理IC)を用いたLEDの点灯実験を行いました。

実習はそれぞれ悩みつつも、考えながら行っていました。

レポートの締切は来週月曜日です。全員期限を守って提出しましょう!

0

3年生 課題研究が始まりました

専門高校では「総合的な探究の時間」の代替として、課題研究があります。

1年間かけて、研究テーマについて、自ら考え、調べ、学習し、グループで協力しながら
課題に取り組んでいくことで、問題解決能力や成果をまとめる能力を養います。

今年のテーマは

・PC一体型プロジェクタ

・ドローン

・自転車トレーニングローラー

・原動機付自転車

・ゲーム製作

・ロボットアーム

・マイコン制御

・二足歩行ロボット

・ニキシー管    になりました。

どの様な製作・研究結果が出るかは楽しみです。課題研究発表会は年明け1月を予定しています。

今日は年間計画、図面製作、調べ学習等行いました。

  

  

  

 

0

第37回 入学式が執り行われました。電子機械科

4月8日(木)に本校体育館にて第37回入学式が執り行われました。

  

校長先生から電子機械科に21名の入学が許可され、三郷工業技術高校の1年生としての生活がスタートしました。

    

左写真 左:担任 荻野 知己 先生(数学科) 右:副担任 渡辺 理 先生(電子機械科)になります。

職員一同、皆さんのご入学をとても嬉しく思っております。3年間よろしくお願いいたします。

 

0

株式会社OGISHI様から3Dプリンタを2台寄贈いただきました。

3月23日(火)に株式会社OGISHI様から電子機械科へ3Dプリンタを2台寄贈いただきました。

CAD実習、課題研究などの授業をはじめ、部活動でも幅広く活用させていただければと思います。

電子機械科のものづくりの幅が大きく広がりました。あらためてお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

0

1年3組を対象に出前授業を実施しました!!

 本日、令和3年2月12日(金)の1限~3限を使い1年3組を対象として、埼玉工業大学の石原先生に「本物のロケットの感動」というテーマで講義をしていただきました。

 生徒達は本物のロケットと同様の原理で飛翔する小型のロケットを3人で一つずつ製作しました。

 

留学生の方々もとても親しみやすく、面白く講義をアシスタントされていました。

実際にロケットが飛んだ時、驚いた様子で、生徒達のざわめきと拍手がとても凄かったです。

石原先生をはじめTAの皆さん、お忙しい中準備をしてくださり実施ができました。本当にありがとうございました。

0

ロボット競技会を行いました!!

本日、2月10日(水)に電子機械科2年3組を対象にしたロボット競技会を実施しました。

参加するロボットは、生徒達が実習の時間で2年間かけて1から工作機械やはんだ付けをして製作したロボットになります。

テレビリモコンでロボットを操作して黒色のシートの上を走るスピードを競いました。

決勝トーナメントでは相手チームの障害物としてコンテナボックスを配置することができます。

相手チームにどのようにコンテナを配置して、相手がゴールするまでの時間を稼ぐかが勝利への鍵でした。

 

 決勝トーナメントを制して優勝したのはEチームでした。みなさんおめでとうございます。

優 勝 Eチーム   準優勝 Gチーム   三 位 Eチーム

 

組み立てから大会まで、2年3組のみなさんお疲れ様でした。

今回の大会の経験が今後皆さんの役に立つことを祈っております。

0

電子機械科 課題研究発表会

皆さんこんにちは!

電子機械科では1/21(木)に課題研究発表会を開催しました。

課題研究とは3年間の集大成として、1年間を通して自分たちが研究したいテーマを決めて取り組む授業のことです。

今年の3年生は「RCサッカー班」「ドローン班」「木工班」「マイコン班」「セグウェイ班」という個性あるテーマに分かれて研究をしてきました。

自分たちで考えた達成目標のために努力しながら製作をしてきました。

その中で、工夫して上手くいくことや上手くいかずに壁にぶつかることもあります。そうした中で、最後まで諦めずに努力する力や仲間とコミュニケーションを取りながら協力していく力を、生徒たちは身に付けてくれたと思います。

発表の際も、1年間取り組んだことを次の学年に伝えるために一生懸命頑張ってくれました。

課題研究で学んだことをこれからの自分の人生に生かせるよう、これからも頑張ってください。

3年生の皆さんお疲れ様でした。

 

 

       

 

      

0

2学期 工業技術基礎 始まりました

まだまだ8月ですが、2学期がスタートしました。

1年生も暑いさなか旋盤実習で金属を切削しています。

暑くても安全第一で、長袖、マスク、帽子、保護メガネ着用です。

生徒たちは苦労しながらも充実した実習を行っていました。

 

0

課題研究「ドローン班」 無事に試作機が飛びました!

みなさんこんにちは!

電子機械科の3年生は課題研究という授業に取り組んでいます。

その中の「ドローン班」では、先日ドローン制作の講習会に参加させて頂きました。これは吉川市にある(有)ボーダックさんのご厚意により、「ドローン班」のためだけに開講していただいたものです。

講習会では、ドローンの組み立てから設定まで教えて頂いたり、最先端のドローンの技術に触れさせて頂いたり…と、貴重な経験をさせて頂きました。作った試作機が無事に飛んだときは、生徒たちはとても達成感を感じてくれました!

これからも、生徒たちの多様な学びの機会になるように、地域の企業と連携協力しながら課題研究に取り組んでいきたいと思います。

 

 

0

新2年3組の登校日でした。

臨時休業中ですが4月22日(水)の午前に新2年3組の登校日が行われました。

担任の先生も短時間で終わるように、前日の夜遅くまで入念に準備をされていました。

生徒の皆さんは相変わらずの元気な様子でしたね。


今日も広い製図室で念入りに除菌を行い、換気をよくした状態で間隔をあけての着席です。

そして、新しい先生の紹介と課題の説明が行われました。

臨時休業中ですが、生徒の皆さんには規則正しい生活を心がけるとともに

計画的な学習に取り組んで欲しいと思います。

0

1年3組の登校日でした。

臨時休業中ですが4月20日(月)の午前に1年3組の登校日が行われました。

生徒の皆さんは緊張している様子でしたが、しっかりと先生の話を聞いていました。

広いパソコン室で換気扇を回した状態でのホームルームでした。

そして、わずかな時間でしたが担任より課題の説明が行われました。

大変な状況下ではありますが、生徒の皆さんにはしっかりと規則正しい生活を心がけるとともに

高校生活をイメージしてしっかりと課題に取り組んで欲しいと思います。

 

0

新3年3組の登校日でした。

臨時休業中ですが4月17日(金)の午後に新3年3組の登校日が行われました。

久しぶりの登校だったからでしょうか?それとも2年生から3年生になったからでしょうか?

生徒の皆さんは緊張している様子でしたが、皆さんの元気そうな姿に担任の先生はとても嬉しそうでした。

広い製図室で念入りに除菌を行い、間隔をあけての着席でした。

そして、わずかな時間でしたが新しい先生の紹介と課題の説明が行われました。

臨時休業中ですが、生徒の皆さんにはしっかりと規則正しい生活を心がけるとともに

計画的な学習に取り組んで欲しいと思います。

0

第36回 入学式が執り行われました。電子機械科

4月8日(水)に本校体育館にて第36回入学式が執り行われました。

1人1人スペースを開け、実施時間を短縮した状態の入学式でしたが、

校長先生から電子機械科40名の入学が許可されました。

入学許可候補者だった皆さんは三郷工業技術高校1年生としての生活がスタートしました。

そして式の終了後には、学年団紹介と最初のホームルームが行われました。

左:担任 秋山由佳先生(電子機械科) 右:副担任 近藤凌司先生(英語科)になります。

大変な状況下ではありますが、職員一同、皆さんのご入学をとても嬉しく思っております。

3年間よろしくお願いいたします。

 

0

33期生3年3組卒業式(その2)

卒業式次第

・開式のことば

・国歌斉唱 

・卒業証書授与

   

   

  

電子機械科34名呼名されたあと、クラス代表1名が校長先生より

卒業証書を授与されました。

・校長式辞(HPに内容がupされています)

・卒業記念品贈呈(マークシートリーダーを頂きました)

・卒業生代表のことば

・校歌斉唱

 3学年と職員のみでしたが、体育館中歌声が響いていました。

・閉式のことば

卒業生退場

その3に続く・・・

 

 

0

33期生3年3組卒業式(その1)

本日の生徒集合時間はいつもと違い9:30でした。

生徒登校前の教室

  

 

教室の背面黒板には、3年3組全員の名前と、実習における注意事項が書かれています。

前面黒板は式の流れが書かれています。

 

卒業式前のHR 

   

久々に登校した3年生1人も欠席なく全員登校していましたが、みんな元気そうで

よかったです。卒業式前に担任の先生から流れや諸注意がありました。

 

卒業式入場

   

   

パッヘルベルの「カノン」が流れる中、入場してきました。

 

続きはその2で・・・

0

33期生3年3組電子機械科

3年3組のみなさんご卒業おめでとうございます。

三郷工業技術高校での3年間でどの様に成長できたでしょうか?

辛いことも、楽しいことも、様々な思いでがあったと思います。

今日がゴールではありません。全員が新たなスタートを切る日です。

この3年間で学んだことを生かして、1人1人が活躍して下さい。

まずは健康第一!!あいさつ、しっかりしましょう!

皆さんの活躍に期待しています。

最後に、ここまで見守ってくれた多くの人に感謝を伝えられるよう

お願いします。                   【秋山】

 

ご卒業おめでとうございます。自分を大切に、人に優しく、

これからも頑張って下さい。【今井】

 

「素直さ」、「朗らかさ」、「謙虚さ」を大切にね。【神田】

 

卒業おめでとう。これからの付き合いの方が長くなります。【金子】

 

そうだ 嬉しいんだ 生きる 喜び たとえ 胸の傷が 痛んでも 【佐々木】

 

 

 

卒業おめでとうございます。三工技で培ったことをいかし

活躍して下さい。              【渡辺】

 

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

このクラスは保護者の方々のご理解とご協力に何度も助けて頂いたクラスでした。

この3年間、担任としてとても幸せな3年間を過ごすことができました。

心から感謝を申し上げます。

卒業生にとって三工技が身近で気軽に帰ってこれる「HOME」になるよう今後も

努力して参りますので、卒業生の皆さんは是非活躍を伝えに来て下さい。

その日を楽しみにお待ちしております。  【村石 亘】

 

                          電子機械科職員より

 

 

0

電気実習室

実習棟A棟には電子機械科と、機械科が共同で使用している

電気実習室があります。

名前のとおり、電気系の実習を行ったり、補講を行ったりと、

電子機械科と機械科の生徒にはおなじみの部屋ですが、

昨日椅子が変わりました。

今までは座面と背面にクッションの付いているパイプ椅子でしたが、

長年使っていたためだいぶ痛んでしまいました。

今度のは軽量なパイプ椅子になったので、持ち運びも便利です。

良い環境で、勉学に取り組んで欲しいと思います。

また、生徒の皆さんには整理整頓、ものを大切に扱うよう

お願いします。

  

0

鉄道博物館へ行ってきました

2月7日(金)電子機械科1年生では、学校を飛び出して

鉄道博物館へ校外学習へ行ってきました。

 

電子機械科と鉄道?実は様々なところで3年間で学ぶ要素が

含まれています。どの様なところで生かされているか、学習しに

来ました。

 

鉄道に関する歴史

  

初めて来た生徒は、昔の車体に新鮮さを感じていたようです。

木の床や・車内の扇風機に驚きです。

 

機械的要素として、車体の構造、動力

  

車体の生産方法やどの様に動くかなどボランティア解説員の説明を熱心に

聞いている生徒の一コマも

 

電気要素として、モータの仕組み、直流・交流の違いや、送配電について

 

実験を通して体感していたようです。

 

制御要素として、交通システム(信号や、ブレーキ制御など)

 ジオラマ模型を通して制御について学んでいました。

 

昼食での一コマ

  

昼食を持参した生徒もいますが、館内で購入した駅弁を楽しんでいる

様子もうかがえました。

   

 

生徒の興味関心は様々でしたが、今後の学習に生かしてもらえたらと思います。

この校外学習は行って終わりではなく、レポート提出もありますので期日厳守

お願いします。

 

 

 

0

大学出前授業

2月5日(水)本校電子機械科1年生対象に、日本工業大学から物理研究室の

佐藤杉弥教授をお招きし、「平行二輪車『セグウェイ』で体感するロボット

制御の基礎」について講義して頂きました。

 

1時間目は電気実習室において、セグウェイの概要と、なぜ転倒しないかについて

お話を頂きました。

  

 

皆さんが普段乗る自転車は止まっていると転倒してしまいますが、

セグウェイはなぜ止まっていても立っているのか。

ジャイロ効果についてわかりやすく解説してもらいました。

セグウェイには多くのセンサが用いられ、1秒間に200回程度傾きを検知し、制御しているそうです。

高度な制御理論は数学や物理が出来ないと難しいと言うことも

話して頂きました。

 

次の時間は体育館に移動し、セグウェイの実車、ジャイロ効果の

実験。倒立振子制御の模型を実際に手に取って確かめることが

出来ました。

  

  

セグウェイに乗車し、慎重に運転する生徒、チャレンジする生徒と意外な一面も見ることが

出来ました。生徒だけではなく、教頭先生や、担任の先生方にも乗って頂き、ジャイロ効果を

体験してもらいました。

この経験を生かし、ものづくりに興味関心をさらに持ってもらえたらと思います。

 

 

0

5科合同課題研究発表会

1月31日(金)に学校評価懇話会の一環で、学校評議員の方に

課題研究発表を見て頂きました。

電子機械科では『アームロボット 獅子舞version』を発表しました。

発表してくれた3年生の皆さんありがとうございました。

  

実演として評議員の方にくじを引いてもらいましたが、好評でした。

0