活動記録

生徒指導部 活動記録

生徒指導部だより第2号を発行しました

4月28日に、生徒指導部だより第2号を発行しました。

 

・ゴールデンウィークの過ごし方

・交通安全

・略装期間のルール

・ネットトラブル注意

 

について掲載しました。

御家庭でも御一読頂きますよう、よろしくお願いします。

登校指導の様子

登校時間に合わせて、東門・正門・自転車置き場付近で登校指導を行っています。

4月は特に、交通安全・服装・挨拶に力を入れ取り組んでいます。

生徒指導部では、10分前行動を推進し8:30前登校を促しています。

余裕を持って登校できる三工技生を目指しましょう。

  

生徒指導部だより第1号を発行しました

4月8日に、令和4年度 生徒指導部だより第1号を発行しました。

 

〇新入生用

・生徒指導部より連絡

・学年生徒指導部より連絡

・10分前行動推進活動について

・交通安全

・新学期のお知らせ

 

〇在学生(2・3年生)

・生徒指導部より連絡

・各学年生徒指導部より連絡

・交通安全

・新学期のお知らせ

 

について掲載しました。

御家庭でも御一読頂きますよう、よろしくお願いします。

生徒指導部だより第9号を発行しました

3月24日に、生徒指導部だより第9号を発行しました。

 

・3学期の振り返り(各学年生徒指導より)

・交通安全

・1年間の遅刻欠席集計結果

・新年度の準備連絡

・春季休業中の生活心得

 

について掲載しました。

御家庭でも御一読頂きますよう、よろしくお願いします。

 

令和3年度の生徒指導部だよりは今回の発行で終了いたします。

1年間、ありがとうございました。

生徒指導部だより第8号を発行しました

12月24日に、生徒指導部だより第8号を発行しました。

・2学期を振り返って(各学年生徒指導より)

・交通安全

・登校指導

・薬物乱用防止教室

・3学期のお知らせ

・冬季休業中の生活心得

について掲載しました。

御家庭でも御一読頂きますよう、よろしくお願いします。

生徒指導部だより第7号を発行しました

11月29日に、生徒指導部だより第7号を発行しました。

・遅刻防止強化運動週間の報告

・防寒着、防寒具の準備

について掲載しました。

御家庭でも御一読頂きますよう、よろしくお願いします。

埼玉県ネットトラブル注意報 第8号

埼玉県より、児童生徒のネットトラブル防止のため「ネットトラブル注意報」が配布されました。

 

第8号

 

今回の注意報は【位置情報共有アプリについて】です。

 利用者同士でお互いの居場所を確認し合える、位置情報共有アプリが若者を中心に人気を呼んでいます。友だちとの待ち合わせに便利ですし、災害時の安否確認にも使えて、とても役に立つアプリですが、使い方によっては、トラブルのきっかけとなることもあります。

 

位置情報共有アプリの機能について

 位置情報共有アプリの機能はサービスごとに違いますが、機能の例としては以下のようなものがあげられます。

 

位置情報共有アプリの機能の例

  •  友だちの現在地と、その場所での滞在時間を確認できる
  •  友だちとメッセージのやりとりができる
  •  友だちのスマートフォンの電池の残量を確認できる
  •  一部の友だちに、自分の位置情報を知らせなくしたり、大まかな場所しか知らせないようにしたりできる

 

 このような機能があるため、誰か遊びに誘いたいときに、近くにいる友だちを探したり、スマートフォンを落としてしまったときに、どこにあるか友だちに確認してもらったりといった使い方ができます。

 

こんなトラブルが起きることも……

 位置情報共有アプリの利用をきっかけに起きるトラブルには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 ひとつは、友だち同士でのトラブルです。例えば、「○○に行くって言ってたのに、違うところにいる」ということがわかったり、他の友だちには居場所を公開していたのに、ある友だちにだけ知らせない設定にしていたことが発覚したりといったことから、けんかなどのトラブルになってしまうことがあります。

 

 それからもうひとつは、ストーカー被害です。位置情報共有アプリを使っていると、知らない人から突然友だち申請がくることがありますし、中には自分のIDをSNS上で公開して友だち申請を求めている人もいます。

 そのようにして友だちになった面識のない人から、「毎日いる同じ場所」ということで自宅や学校が特定され、ストーカー被害を受けてしまうという事案が発生しています。

 

 位置情報共有アプリは便利な反面、トラブルのきっかけとなることがあります。そのことを頭に入れ、面識のない人とはつながらないこと、自分のIDをインターネット上に載せないこと、友だち同士でトラブルになるような使い方はしないことに注意してください。

埼玉県ネットトラブル注意報 第6号

埼玉県より、児童生徒のネットトラブル防止のため「ネットトラブル注意報」が配布されました。

 

vol.6

 

今回の注意報は、【ひぼう中傷の書き込み】です。

 インターネットに他者に対するひぼう中傷が書き込まれることがあります。みなさんの中にも、そうした書き込みを見たことがあるという人がいるのではないでしょうか。インターネット上で誰でも自由に自分の意見を発信できるサービスが人気を集めている一方で、ひぼう中傷の書き込みも増えており、大きな問題となっています。

 

ひぼう中傷の書き込みの例

 インターネット上のひぼう中傷の書き込みには、どのようなものがあるのでしょうか。代表的な書き込みの例を紹介します。

 

1.チャットグループや匿名掲示板でのひぼう中傷の書き込み

 友だち同士しかやりとりの内容を見ることができないチャットグループや、匿名で書き込みができる掲示板では、一度ひぼう中傷が書き込まれると、だんだん書き込みがエスカレートして、いじめなどに発展することがあります。

 

2.友だちのことを冗談半分にバカにした書き込み

 軽い冗談のつもりで友だちの悪口を書き込んだり、友だちの写真や動画を載せて、からかうようなを書き込みをしたりしているものが多くあります。自分は冗談のつもりでも、相手は怒ったり傷ついたりして、けんかになったり人間関係が悪化したりするケースがあります。また、書き込みを見た人から、いじめではないかと疑われる可能性もあります。

 

3.有名人に対するひぼう中傷の書き込み

 有名人なんだからたたかれるのはあたりまえと考えて、ひぼう中傷を書き込む人や、たくさんの人が書いてるし、自分もいいだろうと考えて書き込む人が多くいます。しかしもちろん、有名人に対してもひぼう中傷を書き込んではいけません。過去には、有名人に対するひぼう中傷を書き込んだ人物が訴えられ、慰謝料を請求されたといったケースも起きています。

  

 もしインターネット上で自分に対するひぼう中傷の書き込みを見つけたら......

・反論するような書き込みはせずに、すぐに周りの大人たちに相談してください。

・その後警察等に相談するときのために、書き込みがあった画面をスクリーンショットなどで保存しておきましょう。

 

 また、反対にひぼう中傷の書き込みをしてしまったら......

 掲示板などへの匿名の書き込みであっても、ひぼう中傷の対象となった人物が要求した場合、書き込みをした人の情報が公開され、投稿者が特定されることがあります。

 

 ひぼう中傷の書き込みは、対象の人物に大きな精神的ショックを与え、見た人を不快にさせます。絶対に書き込んではいけません。

 インターネットに書き込むときは、面と向かって言えないことは書かない・相手の気持ちを思いやって発言することを意識してください。メッセージを投稿するときは、すぐに投稿せずに、少し時間をおいてから読み返し、「本当に投稿しても大丈夫なものか」を考える習慣をつけましょう。