電気科からのお知らせ

電気科からのお知らせ

第二種電気工事士電気工事士(上期)の申請者へ【緊急連絡】

令和2年4月15日(水)に、電気技術者試験センターより新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、

試験の実施を中止する旨の発表がありました。

電気技術者試験センター発表

これにより、上期を申請した者は自動的に下期の同試験の受験に振り替えられます。

なお下期試験は

筆記:10月4日(日)  技能:12月12日(土)or13日(日)

です。

日程的に下期の受験が困難な場合、受験料の返金が申請できます。

その方法は後日電気技術者試験センターより発表がありますので電気技術者試験センターHPを御確認ください。

2年生を対象とした補習等の授業については、下期に向けて計画を改めて行いますので、登校開始後御案内いたします。

 

第二種電気工事士筆記試験(上期)受験申込者へ【連絡】

政府より4月7日新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が行われました。

これにより、令和2年度第二種電気工事士の上期の対応について電気技術者試験センターより以下の通知が出ています。

電気技術者センターからの通知

 

これによりますと、現時点では延期・中止の決定は判断できないとの事です。

従って、受験申し込みを終えた生徒は試験勉強は継続してください。

今後政府の発表の変更等で、5月31日(日)の試験が実施できない場合は

延期または中止の決定がなされるかもしれません。

中止があった場合

・下期への振り替えまたは受験手数料の返金

・筆記試験免除期間の延長(技能試験のみの者対象)

がなされるとありますので、安心してください。

休校が延長され、勉強面でも不安があると思いますが、学科HPでも対策問題がありますので活用し勉強を継続してください。

今後、この件での変化がありましたらこの場で情報提供を行っていきますので、こまめにチェックをお願いします。

 

危険物取扱者試験案内(訂正)

以前案内している危険物取扱者試験の会場について、試験会場の表記に間違いがあったため訂正いたします。

(誤)

令和2年3月8日(日)試験会場 埼玉工業大学(深谷市)

(正)

令和2年3月8日(日)試験会場 立正大学(熊谷市)

 

3月1日(日)に関しては、試験会場は 埼玉大学(さいたま市)で間違いありません。

間違った御案内となり申し訳ありません。その他の内容は以前の案内の通りです。

なお、申し込みの開始は1月14日(月)からです。期間が短いため注意してください。

危険物取扱者試験案内

令和元年度最後の危険物取扱者試験の申請が冬休み明けに始まります。

危険物取扱者は、液体または個体の危険物を取り扱う上で必要な資格で消防試験研究センターが実施している国家資格です。

危険物は1類から6類まで、性質ごとに分類され取り扱う危険物ごとに試験が行われます。

ガソリンなどは4類に分類され、とても需要があります。

電気科の生徒が携わる職種では、非常用設備や絶縁油などの分野でよく利用されるものも4類に分類されるものが多いです。

試験の種類は、甲種(全類を扱う受験資格有)、乙種(1~6類)、丙種(4類の需要の高いもの)があります。

 

試験日:令和2年3月1日(日) 埼玉大学(さいたま市)

    令和2年3月8日(日) 埼玉工業大学(深谷市)

実施種:全類

申請日:令和2年1月14日~24日(電子申請)

受験料:乙種4600円、丙種3700円

申請方法:消防試験研究センターHP

※どちらの受験日も申請可能ですが、受験地に注意してください。

※初めての受験者は、まず丙種の受験を勧めます。丙種のテキストはキャビネットにあります。

 

資格情報提供②【消防設備士】

消防設備士について
 
火災や災害時、建物内での被害の最小限化や延焼を防止する為、消防設備が必須です。
また、小規模の建物や家屋でも警報装置の設置が義務化されています。
これらを消防設備と言い、その設置工事や整備点検業務には消防設備士の資格が必要です。
消防設備士は国家資格で、消防試験研究センターが実施しています。
 
種別は甲種と乙種があり、甲種は1~5類、乙種は1~7類まであり、設備に応じた類の資格が必要です。
甲種は工事・整備点検を行うことができ、乙種は点検業務が主な内容です。
このうち、甲・乙4類と乙7類は電気に関する設備です。
4類は火災警報、報知設備、7類は漏電火災警報器です。
電気工事士を持ていても、これらの工事・整備点検には消防設備士が必要です。
将来設備関係に進路を考えている人は、取得を検討しても良いと思います。
なお、乙種は受験資格はありませんが、甲種は以下の受験資格があります。
 
甲種受験資格(電気科に該当するものを抜粋)
・高等学校電気科卒業
・電気工事士免状取得者(2種で可)
・特殊無線技士従事者免許取得者(陸特で可、アマチュア無線は不可)
のいずれか
 
また、4類と7類は電気工学に関する内容なので、電気工事士免状を持っていると、以下の試験内容が免除されます。
筆記試験のうち、「消防関係法令」を除き、「基礎的知識 」及び「構造・機能及び工事・整備」のそれぞれの科目中における「電気に関する部分」。
更に、実技試験において、甲種第4類・乙種第4類を受験する場合は、鑑別等試験の問1が免除になり、乙種第7類の場合は、全問が免除になります。
 
なお試験は、都道府県で実施しているので、受験日が合えばどこでも受験可能です。
申請はインターネットと書面で行えますが、試験免除を受ける場合書面のみの受付なので注意してください(書面願書は受ける都道府県によって異なるので埼玉以外を受験する場合、その願書があるかを事前に入手先に連絡して確認してください)。
書面は、三郷市消防本部で受け取るか請求により入手できます。
詳細は下記公式サイトにて確認して下さい。
 
埼玉県の次の試験は、2月9日(日)受付は12月中旬です。

資格情報提供①(建築設備士)

建築設備士に関する情報提供

3年生は進路活動の最中ですが、電気科卒業後に電気工事関係の仕事に進む人もいると思います。
電気工事に関する仕事は、設備・建設業に属しますが、ここで施工管理等を担当する場合があるかと思います。
その人は、高等学校電気科を卒業後、施工管理業務を6年行うと、建築設備士の国家試験の受験資格を得ます
これは建築士法に定められた資格で、建築設備に係る設計・工事監理を建築士が行うにあたり、建築士から求められた場合に適切なアドバイスが出来る資格です。
尚、電気科を出ていない場合は実務経験が9年必要です。
※また、仕事をしながら第一級電気工事施工管理技士を取得すれば2年の実務経験で受験可。

この資格は、建設業においては非常にメリットが高い資格です。また合格者には二級建築士の受験資格にある建築業務実務経験が免除され、0年で受験できます。
卒業後資格取得というわけではありませんが、このように電気科を卒業後業務内容によって受験資格を得られるものがあります。今後も、時折紹介いたしますので、進路の参考にしてください。

※二級建築士は、建築に関する学科で所定の単位を収めると大学卒なら実務経験0年、高校卒なら3年の建築実務経験で受験資格を得るが、それ以外の学歴の場合建築実務経験は9年以上必要。

令和元年度 第二種電気工事士試験下期(筆記試験免除者)受付中

令和元年度第二種電気工事士試験下期の筆記試験免除者を対象とした試験申し込み期間中です。

受験対象者は
令和元年度第二種電気工事士筆記試験上期合格者で、実技試験不合格者です。
必要書類等は上期筆記試験結果通知書等です。
申請方法は、学科にある書面の申請書を利用するか、インターネットでの申請です。
申請期間は、9月4日~9月18日(水)17:00までですので、申請忘れの無いように注意してください。

夏季休業中の国家試験案内

本日8月1日より、令和元年度国家試験の後期受験申し込みが始まっています。
対象は以下の試験です。それぞれ申し込みの期間が異なるので注意してください。
なお電気工事士に関しては願書が学校に到着しています。
受験希望者で、願書を持っていない生徒はインターネットでの申し込みか、願書を学校まで取りに来てください。

試験①
令和元年度第二回 工事担任者試験
種目:全種(DD3種、総合種 推奨)
受験申込期間:令和元年8月1日(木)~9月5日(木)
受験料:8700円
申請サイト:https://www.shiken.dekyo.or.jp/shiken/receipt.php?menu_mode=2

試験②
令和元年度下期 第二種電気工事士試験(申込期間が短いので注意)
筆記試験
受験申込期間:令和元年8月1日(木)~8月14日(水)17:00まで
受験料:インターネット9300円、書面9600円
申請サイト:https://uketsuke.shiken.or.jp/mohshi/FIC1010.do

試験③
令和元年度第二回特殊無線技士試験
受験申込期間:令和元年8月1日(木)~8月20日(水)17:00まで
受験料:5162円
申請サイト:https://shinsei.nichimu.or.jp/
※試験日が10月22日のものが受験可(第一級海上特殊無線、第三級海上特殊無線)

令和元年度第二回工事担任者試験案内

令和元年度第二回工事担任者試験の案内

工事担任者は、電気通信工事に関する国家資格で電気通信回線に端末設備、又は自営電気通信設備の接続工事を行い、又は監督する者の資格です。
光ファイバ通信工事や電話工事など通信回線を工事する為に必要な資格で、これらの工事は電気工事士の資格では行えません。
特別な工事なので、施工会社も電気工事とは別にあります。
また、電気工事会社で行う施工では一緒に通信工事を行えた方が内容上有利です。
現在のIoT時代においては、家電のネットワーク接続が増加していることもあり非常に有益な資格です。ぜひ在学中に取得を目指してください。

試験日:令和元年11月24日(日)
申請期間:令和元年8月1日(木)~9月5日(木)
試験種目:全種
     ※電気科では、DD3種、総合種の取得を推奨
受験料:8700円
試験内容:電気通信技術の基礎、末端設備接続のための技術、電気設備接続のための法規の3科目
※各科目60点以上で合格。なお、科目には科目合格制度があるので、年二回の試験を毎回一科目ずつ合格しても3年以内なら合格となる。
※DD3種は電気科で選択科目を選び卒業すると、電気通信技術の基礎が免除になる。
※学年は問いません。
受験希望者は、電気科担当まで

令和元年度 第一種電気工事士案内

本年度の第一種電気工事士試験について
受験申請期間:6月19日(水)~7月3日(水)
受験料:11,300円(郵送)
筆記試験:10月6日(日)
実技試験:12月7日(土)または8日(日)
希望者は電気科まで、願書を受け取りに来る事。

※受験資格は特にないので、誰でも受験可能ですが第二種電気工事士の受験と同時期に受験することを薦めています。
※補習等については追って連絡します。

【1学年、2学年、3学年】令和元年度特殊無線技士試験日について

本年度の特殊無線技士の試験日が発表になっています。
昨年度までと異なり、本年度の2月期試験では土曜日に第二級陸上特殊無線技士は実施されません。試験日をよく確認してください。

10月期:受験申請期間 8月1日(木)~20日(火)
試験日:
海上特殊無線 第一級10月22日(火)、第二級10月23日(水)、第三級10月22日(火)
陸上特殊無線 第一級10月24日(木)、第二級10月23日(水)、第三級10月23日(水)

2月期:受験申請期間 12月1日(日)~20日(金)
海上特殊無線 第一級2月13日(木)、第二級2月14日(金)、第三級2月13日(木)
陸上特殊無線 第一級2月15日(土)、第二級2月14日(金)、第三級2月14日(金)

なお本年に限り、10月22日(火)は祝日です。なので、第一級及び第三級の海上特殊無線技士は受験可能です。
第三級海上特殊無線技士は、国家資格の中でも非常に取得しやすい資格なので未取得者は挑戦してはいかがでしょうか。
詳細は↓日本無線協会HPを御覧ください。

日本無線協会HP:http://www.nichimu.or.jp/

令和元年度 第二種電気工事士試験日程

本年度の第二種電気工事士試験の日程は以下の通りです。
補習等の時間案内は、この掲示板と学校の学科掲示板でお知らせします。

上 期 [願書受付 平成31年3月13日(水)~4月3日(水)]
筆記: 6月 2日(日)
実技: 7月20日(土)または
    7月21日(日)
下期 [願書受付 筆記から:令和元年8月1日(木)~14日(水)実技から9月4日~18日]
筆記:10月 6日(日)
実技:12月 7日(土)または
   12月 8日(日)

受検手数料:9,600円
実技試験の日程は、47都道府県の半分が土曜日、半分が日曜日で指定されます。
受験票で日程の確認をお願いします。
下期の筆記試験は、午前中に行われ、午後は第一種電気工事士の筆記試験が行われます。