電気科日誌

電気科日誌

電工キング決定戦(チーム対抗鑑別部門)と表彰

2月5日に電工キング決定戦の2部門目・チーム対抗鑑別部門を行いました。昨日作成した「鑑別暗記用カード」から100問が出題され、その工具や部品などの正式名称を答える競技となります。暗記用カード作成から2週間程度期間がありましたから、しっかりと覚えてきたと思います。

 競技を終えた後に、チーム対抗鑑別部門と工事作業部門の表彰も行いました。表彰されなかった生徒も第2種電気工事士に向けての意識が高まったと思います。

課題研究発表会

 1月31日視聴覚室にて課題研究発表会を行いました。今年は①電動スケートボードの製作②バッテリーカーの製作③電気に関するものづくり④生物飼育室の製作⑤自動ストリッパーの製作の5つのテーマを発表しました。

 発表後には多くの質問があったとてもお互いに興味関心のある発表会となりました。1・2年生には自分たちが行う際の貴重な時間になったと思います。3年生お疲れさまでした。

電工キング決定戦(工事作業部門)

 1月29日、電気磁器室にて電工キング決定戦・工事作業部門が行われました。毎年電気科の1年生に電気工事の技術を競ってもらっております。作業に向けて工具や材料を準備して50分で1つの作品を作ってもらう協議会となります。今年は誰がキングになるでしょうか。いまから楽しみです。

 

近況報告(10月後半11月)

 10月の後半は体育祭や文化祭など多くのイベントがありました。体育祭は2位に3年3組、3位に2年3組と上位に電気科が入賞しました。イベントにしっかりと力が出せるようになっていることはとても素晴らしいことだと思います。1年生はミックスホームルームなので、各クラスで活躍しておりました。

 その後は文化祭となります。3年生は前回の報告で製作したEPEX(電子銃でのサバイバルゲーム)を完成させて多くの人々に工業高校の文化祭が魅力を発信できたのではないでしょうか。2年生は電気科になって初の文化祭でしたが、呼び出しシステムをなんとか完成させ、クラスの出し物で活躍していたようです。文化祭の結果はダントツに3年3組が1位となりました。悲願の1位でしたので、クラスみんなが喜んでおりました。

 また、電気科では電気工事士実技試験の対策講座が始まり、生徒が合格に向けて候補問題を作成しています。今年は3年生の有志が受験する生徒の作品を確認してアドバスを行っております。合格した際には2年生が次年度の2年生を指導できるようになってくれるように是非合格してほしいです。 

 最後に、電気科では越谷市にある東埼玉資源環境組合(リユース)にてミニ新幹線の運行をしました。どうにか天候に恵まれ772名の方に乗車体験をして頂きました。今回は3年生だけでなく2年生にも協力を得て運行したので、来年につながって行くと良いと思います。

近況報告(10月)およびミニ新幹線運行

 文化祭に向けての準備を3年生がしておりました。昨年の出し物をさらにパワーアップさせているようです。

 また、10月15日(日)近隣のさつき平で行われた、さつき祭りに参加してきました。天候に恵まれず屋内での運営となりました。今年初めの運営ですので、線路の設置やミニ新幹線の配線、準備等を教員の指導の下、生徒達で考えながら設営ができるようになりました。次回の運営に活かせそうです。ミニ新幹線の運転も久しぶりになりますので、教員が手本を見せてアクセルやブレーキをどのタイミングで行うことで安全な運転ができるなどを説明して、多くの生徒が実践し運転ができるようになりました。午前中はまだ雨の影響で乗車人数は多くありませんでしたが、終了する30分前ぐらい天候が回復したことで続々と乗車人数も増え383名に乗車して頂きました。次回は10月29日に三郷市文化会館で行われる三郷市民文化祭に参加する予定です。※こちらは雨天の場合は参加を見合わせます。

 

近況報告(9月)

 9月の近況報告です。2学期に入り3年生は就職試験に向けて試験勉強や面接練習を行い準備に余念がありません。2年生は電気工事士に再度受験する生徒の補講が行われおり、朝や放課後に残って過去問題集を解いています。1年生は1つ目のローテーション実習が終了して次のローテンション実習を行っております。教室での授業も段々と専門性が出てきて電気の公式や情報分野の基礎知識を学んでおります。

 29日(金)は、隣の立花小学校に出向いてプログラミング授業の2回目を行ってきました。micro:bit(マイクロビット)を2台使用してロボットを制御する授業になります。1台はロボットのモーターを制御用、もう一台はロボットの制御を行うリモコンとして使用することで、無線でのロボット制御ができるようなります。本校の生徒も小学生のサポートとして参加しています。完成した小学生が楽しくロボットを制御することを今回も見ることができました。ありがとうございました。

       

 

近況報告(8月)

 夏休みに入っても今年は課題研究を行っている生徒がいましたので、報告したいと思います。

 2グループありまして、1グループ目は温度管理をして生態を研究するための飼育箱の研究をしておりました。ペルチェ素子を冷媒にして温度を一定に保つためにどのようにすれば良いかなどを研究していました。もう1つのグループは電線を分別するため電動機を研究していました。多くの種類の電線も対応することを考えていろいろと試作品を作成しながらテストを行っていました。

 就職活動の準備の為に登校をしておりますが、その合間を縫って一生懸命に研究をしています。すばらしいことだと思います。頑張ってください。

三郷市協働事業

  三郷市協働事業として三郷市内の小学生を対象に授業を行いました。内容はmicro:bit(マイクロビット)を使って計測器を作るというものです。温度計と導通計の2種類になります。まずはmicro:bitに温度計のプログラムを作成して教室内や野外の温度を測定していました。子供たちは日向の温度上昇に驚きながらも多くの場所で温度を測定しながら記録をして温度差を興味を持って確認していました。
 その後micro:bitに測定用の銅線を接続し、端子の間に挟んだものに電気が流れるかを判定して、導通していたら音がでるプログラムを作成しました。身の回りにあるものを挟んでは導通しているかどうかを、興味を持ちながら楽しそうに確認していました。
 参加して頂いた小学生や保護者の皆様ありがとうございました。

近況報告(6月)

 6月になり1年生は計算技術検定の試験があり、2年生は電気工事士の技能試験に向けて補講が始まりました。3年生は3者面談で考えた進路実現に向けて、活動が本格化してきました。

 各学年での実習も2テーマなどを実施して慣れてきたように感じられます。

 

 6月24日にさいたま市にある電気工事工業組合を会場にして令和5年度 埼玉県工業高校生ものづくりコンテスト電気工事部門が開催されました。参加者は3年川口選手と2年江口選手の2名です。参加された全員が時間内に終了し誤配線も無いという、ハイレベルな結果でした。2名とも入賞はできませんでしたが、自分の持てる力を遺憾なく発揮したのではないかと思います。お疲れさまでした。

 

近況報告(5月)

 5月に入ると2年生は国家資格「第二種電気工事士」に向けての対策授業も始まりました。

少人数での授業展開を行い、多くの生徒の疑問を解き、理解度を深めながらの授業となったと思います。

 

 3年生では課題研究も始まっております。自分で課題を見つけて解決する授業を展開していきます。今年はどのような物が研究されるのでしょうか。いまから楽しみでもあります。