電子機械科ニュース

電子機械科

ニヒヒ たくみ祭(文化祭)の準備 ~LEGO班~

課題研究のテーマの1つであるLEGO班は、今年も文化祭に参加しています。
LEGO班は電子機械科の3年生4人で構成されています。
星野先生の指導のもと、例年以上に生徒が一生懸命にアイディアを出し合って
より良いものを作ろうと創意工夫しています。

ブロック1つ1つ選んで作っています。

      

LEGOロボットも初めて無線での操作に挑戦しました。

   

操作性も自分たちで動かして確認します。

作品もカラフルなもので色合いが綺麗です。

   

文化祭当日を楽しみにして下さい。

0

笑う たくみ祭(文化祭)の準備 ~3年生~

10月31日(土)は文化祭(たくみ祭)です。
電子機械科の生徒も文化祭に向けて準備をしています。

子機械科3年生(3年3組)は“ スタンプラリー ”です。
準備が出遅れた感がありましたが、流石は2年間“門づくり”
を体験している3年生です。
テキパキと作業を進め、学校最後の文化祭を楽しんでいます。

      

    

内装のテーマは「ハロウィン」と決まりました。


   

塗装の色も1つ1つ「美しく」する為に悩みます。

  

教室内にはストラックアウトなど様々なゲームも準備しています。
また、色々な格好の異装もするので、文化祭当日を楽しみにして下さい。

0

笑う たくみ祭(文化祭)の準備 ~2年生~

10月31日(土)は文化祭(たくみ祭)です。
電子機械科の生徒も文化祭に向けて準備をしています。


電子機械科2年生(2年3組)は“ 芋フライ ”です。
当日の調理以外にも
内装の準備にもこだわろうと1つ1つ製作しています。

   
 
昨年度に引き続きゲームを準備しているので
是非遊びに来て下さい。

0

たくみ祭(文化祭)の準備 ~1年生~

10月31日(土)は文化祭(たくみ祭)です。
電子機械科の生徒も文化祭に向けて準備をしています。


電子機械科1年生(1年3組)は初めての高校での文化祭です。
文化祭の看板となる“ 門の製作 ”に取り組んでいます。
勝手が分からないながら、担任の先生の指導をあおぎながら、
副担任の強力バックアップのもと、急ピッチで作業を進めています。

    

脚立に上って、屋根の取り付けをしています。

  


木材の表面をバーナーで焼き、木目を際立てたりもしています。

   

0

体験入学

9月26日(土)に電子機械科の体験入学を行いました。

今年の体験入学ではホバークラフトを製作しました。

ホバークラフトとは、

 
hover(空中で停止する) + craft(船舶)


の意味で、空気の力を利用して船体を浮上させ、地面を滑るよう
に動く船のことです。

以前は、水陸両用の乗り物として活躍していました。
現在では、川や沼地、ブッシュが生い茂っている所など
水場と陸の区別がつきにくい地域の観光船として使われています。
また、趣味として個人で所有される人も多く、根強い人気の船です。

    

半田付けや発泡トレーを切るなどの作業を一生懸命行ってくれました。

先生方が説明するだけでなく、3年生の2人も親切に教えていました。

    


車体の材料に発泡トレイを用いて、
その車体がモーターとプロペラ
から送り出される空気で
浮きながら進んでいきました。


実習棟の廊下には、
梵天丸(自律型走行ロボット)やLEGOの作品
を展示しました。

今回の体験入学を通して、電子機械科へ興味を深めて頂きたいと思います。


 

 

0

体験入学のお知らせ!

9月26日(土)に本校で体験入学が行われます。
今年の電子機械科は「ホバークラフトの製作」を体験していただこうと考えています。

        

スーパーで販売されている肉や魚のトレーが地面を滑るように動くホバークラフトに大変身!
興味のある中学生の皆さん!、このホームページのトップから申し込みのページへジャンプ!
是非!電子機械科へ!お待ちしてます!
0

高校生ロボットコンテスト

8月27日(木)、埼玉県高校生ロボットコンテストが行われ、電子技術部が出場しました。
電子技術部には電子機械科の生徒が多数所属しており、1・2年生主体でキャリアロボット部門、3年生主体でライントレース部門に出場しました。

 

キャリアロボット部門では、練習ではうまく動いていた自動ロボットが本番で動かず、1回戦敗退となりました。一番練習したボールの取り込みを見せる事が出来ず残念でした。

 


ライントレース部門では、1台がベスト8まで進む活躍を見せてくれました。

 

 

電子機械科の生徒は、授業で学んだ知識・技術を発揮し、よい大会となりました。
また、来年に向けて頑張ってほしいと思います。

0

第1回学校評価懇話会

第1回学校評価懇話会

7月14日(火)に第1回学校評価懇話会に電子機械科の代表生徒として、
2年生の稲葉君が参加しました。
学校生活について報告し、様々な質問にお答えしました。
学校評価員からは、経験に基づいた「自分で使ったものを大事にしてほしい」、
「機械を愛してほしい」と工業の基礎たるコメントから「”はた”を”楽”させるのが
働く」、「何かテーマを持って関心を持って観察力を養う」、「時間は自分で作る」
など、学校生活に参考になることだけでなく進路に向けた話も伺えました。
生徒も頭がたれる思いで社会人としての心構えの一端に触れられたようです。

 

 
0

電子機器組立補習 ②

電子機器組立補習2

電子機械科2年生は7月28日(火)に国家検定である「電子機器組立技能士3級」を受検します。

これは制限時間90分以内に約40個の電子素子を基盤に取り付け、指定された部材に取り付け、動作チェックを行うといった作業をする資格で、非常に高度な技術を必要とする資格の1つです。

最後の追い込みとして、「ものづくりマイスター(熟練技能者)」の方を特別講師としてお招きし、7月13日~7月27日までの午後の時間帯で集中的に補習を行います。

初めは3~4時間ほどかかっていた作業が補習回数を重ねるごとに作業スピードが速くなっております。現段階では、80分~150分ほどで作業できるようになりました。

実技試験の本番は28日。全員合格できるように頑張ってほしいです。



  

  


  

  

 

0

課題研究Ⅱ 履歴書指導

課題研究Ⅱ 履歴書指導

 

6月25日(木)に履歴書指導を行いました。6月の三者面談を踏まえて進路先を決定しました。

進路活動で生徒ひとりひとりが自分をアピールできる履歴書は、進路を決定する重要な書類となります。

進路活動は履歴書の第一印象からはじまると言っても過言ではありません。

また、「志望の動機」を考える事は面接の準備にも、自分の内面を振り返るきっかけともなります。


  

6班に分かれて履歴書指導を行いました。

個人指導の時に進路の悩みを相談する生徒も見られました。

今後の進路活動の参考になればと思います。


  

 
0

2年生 実習風景

2年生 実習風景

 2年生になると、1年生の時とは違い、実習内容もレベルアップしていきます。2年生では、「旋盤」「レゴ」「溶接」「電子計測」の4テーマで実習を行います。それぞれ、機械系・電気系・制御系の分野を実践的に学習します。レゴ・溶接・電子計測の実習風景です。



レゴ

 C言語を使い、LEGOマインドストームをC言語で動かす実習です。今回はパソコンにプログラムを打ち込んでいます。今後、プログラムのみではなく、センサやアクチュエータの利用方法も学んでいきます。

 



溶接

 ガス溶接機でガス溶接を学びます。今回は2枚の母材を突き合わせて接合する「突き合わせ溶接」をしております。今後は角を溶接する「角溶接」を行います。

 


電子計測

 電気計測に必要な基礎事項(計器の読み方、回路作成、グラフを使った結果の整理)を学びます。今回はオシロスコープを使用して、波形の計測をしています。


 
0

企業見学会振り返り

課題研究Ⅱ 企業見学会振り返り

5月22日(金)に3年生は、進路指導の一環で自分の希望した職種に分かれて企業で体験学習を行う、企業見学会を行いました。
製造・技術職・管理・メンテナンス等々、多くの会社さんのご理解・ご協力があるからこそ、できる行事だと思います。


今回の授業では企業見学会の振り返りを行い、どんな会社があったかを報告するための発表会をしました。

まずは、ワークシートに会社名や職場環境、仕事内容などをまとめました。

発表会では、発表の練習を行うとともに、各企業においての仕事内容や通勤に関すること等、職種によってどんな違いがあるのかを
知る情報交換が行えました。


これから進路活動が本格化するので、自分に合った会社選びができると良いと思います。


   

 



 


   

 

 

0

学科面接指導①

電子機械科3年 学科面接指導①

 

1学期も残り僅かとなり、段々と進路決定に時期が迫ってきています。

そこで電子機械科では6月23日(火)に学科面接指導①を実施しました。

 

就職先からは「自己表現力」を求められており

面接指導を通して「話す力」だけではなく「聞く力」を身に着けて欲しいものです。

 

まずは全体で面接の仕方や諸注意を行いました。


  



その後は個人面接で入退室の仕方、面接中の姿勢、話し方を中心に行い、

待っている間に志望動機や履歴書の記入事項を考えました。

   

 

進路決定は

生徒本人の将来の生き方について深く関わるからこそ

自分の特性を生かした進路を選択して貰えたらと考えています。

0

電子機器組立技能士3級 補習

電子機器組立技能士3級 補習実習の様子


 

 

電子機械科2年生の選択科目「電子機械実習」を選択している生徒は夏休みに行われる「電子機器組立技能士3級」を受験します。

この資格試験は、基盤に40個ほどの電子部品を半田付けし、シャーシに取り付けて配線を行い、正しく動くようにします。この作業を
制限時間1時間30分で完成させなければなりません。少し練習した程度では、到底合格することは難しい資格です。

   

6月8日~6月12日までの間、「ものづくりマイスター(熟練技能者)」の方を特別講師としてお招きし、集中的に特訓します。

半田付けのコツやポイント、組立作業において効率のよい順序等、職人ならではの「技」を教えていただきました。最初は作業のスピード
も遅かった生徒も、繰り返し練習することで作業のスピードも上がり、確実に専門的知識と技術が身についてます。

   

夏休みにはもう一度補習実習を行いますが、今回の補習実習で確実に腕をあげて、全員合格してほしいと思います。

 

0

計算技術検定 結果

1年生、計算技術検定3級受検者31名合格!!


 平成27年6月19日(金)に電子機械科37名が計算技術検定3級を受検しました。
電子機械科の1年生が初めて受験する検定試験
でした。
残念ながら全員合格を目指しましたが、実現にはなりませんでした。今年も電子機械科3組の生徒のみんなががんばり、31名
が合格することができました。当日は必要以上に緊張している様子が見られる生徒もいて、普段の力が出せていない生徒もいました。
入学してから一生懸命やったからこその緊張だとも言えます。
合格おめでとうございます!!

計算技術検定とは・・・

 複雑な数値計算を正確にまたは短時間に行うことは、工業教育にとって極めて大切なことである。本協会では電卓の正しい使い方、
計算を合理化するための能力の育成および実技能力の向上を図るとともにひいては工業教育の振興を目的として実施する。
3級では四則計算、関数計算、実務計算(各検定種目10分)で行い、3種目とも70点以上が合格基準です。

 

0

計算技術検定対策補習

計算技術検定対策補習

面談週間(6月8~13日)の期間中に6月19日(金)の計算技術検定に向けて補習を実施しました。

 

計算技術検定3級は、電子機械科の1年生が
初めて受験する検定試験です。

「工業数理基礎」の授業で学んだ関数電卓の使い方や基礎的な数学を生かして受検に臨みます。


この補習を進める中で、
四則計算、関数計算、実務計算(各検定種目10分)の
分からない部分が出来る様になり、各分野で70点以上の結果を残せるようになりました。

友達同士で教えあう事で理解を深めていっていました。

今年も昨年度に引き続き受検者全員が合格するように生徒みんなが頑張って勉強しました。

   

0

プロフェッショナルに学ぶ

プロフェッショナルに学ぶ


2年生の電子機械実習に「プロフェッショナルに学ぶ」を実施しました。

  2年連続で「ものづくりマイスター講習」で電子機器組立てのスペシャリストとして講義して
頂いている田口様に講師として迎えました。田口様は日本信号株式会社に長く在勤されて
いた方で、厚生労働省や埼玉県職業能力開発協会で「ものづくりマイスター」に認定されて
おり、瑞宝単光章も叙勲されています。

  

 今回は“資格を取得する意義”や“なぜ就職するのか”、5
Sの徹底や最低3年の我慢が
必要などの社会人としての心構えを長年の社会人経験を分かりやすく説明して頂けました。
 また、社会人としてのものづくりの厳しさやこだわりだけでなく、
企業の指導経験に基づい
て高校2年生のこの時期だからこそ進路を明確にして“高校生として今なにをすべき”かに
ついて考えながら得意分野を伸ばすことで安定した職に就く大切さが生徒に伝えてくれま
した。その事により資格取得へのモチベーションや進路意識の高まりが見られました。

  

0

第31回 体育祭

第31回体育祭は、雨天のため1日延期し、

6月4日(木)は天気に恵まれて、開催しました

 

前日の雨の影響でグラウンド状態も競技数が減り、生徒の活躍する場面
が減ってしまったのは残念でした。

結果は総合3位でした。2位の5団との差はたったの6点という僅差で、
もしも大縄跳びが、「あと7回」多く跳べていたら逆転できたほどでした。
この悔しさを来年度の第32回体育祭で魅せて貰えたらと思います。


そのほかの電子機械科の結果です。

  綱引き3位
 

  騎馬戦2位
 

  大縄跳び 3学年1位52回
 



 

0

1学期 中間考査


電子機械科 中間考査

5月18日(月)より1学期の中間考査が始まりました。

1年生は高校に入って初めての中間考査です。

初めてで分からない事も多くあると思いますが、
範囲が狭いのでやった分が結果に出やすいので

是非とも良い結果を出して欲しい考査です。

また、2年生は中学生の頃に貯めた学力を使い切った生徒もおり

学力差が生じてきている時期です。

ここで踏ん張って大きな成果を挙げて欲しい考査です。

そして3年生は進路活動に向けて

しっかりと結果を残さなければ考査です。

気持ちをしっかりもって準備に励んで欲しい考査です。

皆さんが各々の想いをもって臨む試験ですが、

授業をしっかりと聞いていれば結果がでる考査です。

皆さんがこれまで以上の頑張りが点数という結果に反映されることを期待しています。

試験日程は以下の通りです。

 1年2年3年
3組3組3組
18日1数学Ⅰ化学基礎家庭基礎
2現代社会世界史A現代文
3 生シスプロ技
19日1国語総合英語Ⅱ日本史A
2英語Ⅰ生物基礎電子応用
3生シス  
20日1物理基礎国語総合英語Ⅱ
2工業数理数学A機械工作
3  電子機械
21日1情技基礎電子機械機械設計
2 機械設計 
3   

最終日は各学年とも頭髪・身嗜み検査が実施されます。


 

 

 

 

 

 

 

 

0

3年生電子機械実習の様子

3年生の電子機械実習の様子です。

DCAD(3次元コンピュータ支援設計)
AutoCADソフトを使い、与えられた図を3DCADで書けるようにする実習で、一人40個の課題図が与えられます。
製図の授業で2
DCADを学び、実習では3DCADについて学びます。

  

LEGO

C
言語を使い、LEGOマインドストームをC言語で動かす実習です。今週は動かすロボットの組み立てをしています。
今後、プログラムのみではなく、センサやアクチュエータの利用方法も学んでいきます。

  

3年生になると加工よりも制御系の実習が多くなります。

機械系・電気系・制御系と幅広く学習して、ものづくりに必要な知識・技術を身につけて社会で活躍してほしいと思います。

0