電子機械科ニュース

電子機械科

平成30年度新入生学科HR

平成30年度 新入生学科HR

先日、新入生向けに学科のHRが行われました。学科の先生方から、自己紹介を兼ねながら、高校生活の過ごし方についてや、レポート等の提出物について等、たくさんのことを話してくれました。
新入生は早く学校に慣れて、充実した高校生活を過ごしてほしいです。

 
 
0

目指せプロフェッショナル

「目指せプロフェッショナル」

2月14日(水)、2年生の実習の一環としてプロフェッショナル育成事業である「目指せプロフェッショナル」を行いました。
今回は、埼玉工業大学工学部機械工学科
エネルギーシステム研究室の石原敦教授を講師としてお招きしました。
「本物のロケットの感動」というテーマで、ハイブリットロケット製作の体験と原理についての講話をしていただきました。
  

空気を送り込む装置や実際にロケットを打ち上げる装置などを実習室の後ろ側にセットして、打ち上げの準備をします。
  

体験内容の説明のあとは班に分かれて、ロケット製作です。石原教授の研究室の大学生もお手伝いしてくれました。体験とはいえ、しっかりとした手順で製作しないとうまく打ち上がらないそうなので、生徒も熱心にロケット製作に取り組んでしました。
  


時間の都合で、全部の班の打ち上げ実験はできませんでしたが、打ち上げ実験を行ったロケットは大きな音を立てて勢いよく打ち上がりました。今回のロケット製作はとてもよい刺激になりましたので、これからの勉強に役立ててほしいです。





0

5学科合同課題研究発表会

5学科合同課題研究発表会

2月2日に5学科の代表が集まって、合同の課題研究発表会が行われました。
電子機械科からは、アイデアロボットコンテストライントレース部門で輝かしい成績を残したライントレース班が、学科代表として発表会に参加しました。
 

校長先生や学校評議委員の方などがいらしたので、生徒はとても緊張していました。また、他の学科の課題研究の取り組みなども知ることができて、とても良い刺激になりました。
  
0

課題研究発表会

課題研究発表会

機械科・電子機械科合同で行っている課題研究の授業。最終回は発表会と作品展示会を行いました。スペースの都合上、発表会場には作品が展示できないので、別室に作品と説明ボードの展示をしました。
  

各班10分の持ち時間で、1年間の研究成果を発表しました。パワーポイントでスライドを作り、緊張した面持ちで発表していました。どの班も良い作品が出来てたので、内容の濃い発表会となりました。
 
 


チームで1つのことに取り組むことはとても良い経験になったことだと思います。卒業したあとも、この経験を活かして頑張ってもらいたいです。
0

第2回 体験入学

第2回体験入学


12月16日(土)に第2回体験入学が行われました。前回に引き続きたくさんの中学生・保護者の皆様に参加していただき嬉しく思います。

電子機械科では、「フットボールロボットを作ろう」をテーマに、プラスチックのコップを材料としたロボットを作りました。
途中、基板の説明や配線のやり方などロボット製作に必要な基礎的なことを教わりながら熱心に取り組んでいました。
  

在校生も手伝ってくれました。丁寧に中学生に教えており、とても頼りになりました。在校生も勉強になったと思います。
 
最後は、みんな完成してロボットが動いたのでよかったです。
これをきっかけにロボットに興味を持ってもらいたいです。
0

電子機械実習 ~溶接~

電子機械実習 ~溶接~

今回は、2年生で行う溶接実習の様子をご紹介します。
電子機械科では、溶接の中でも「ガス溶接」と呼ばれるガスの力を利用して行う溶接を学びます。この実習では何かを作るというものではなく、溶接を体験して技術を身につけることが目的です。
機材の関係で2人1組になって交代しながら行います。
  

鉄を溶かして加工を行うので非常に高温な状態になります。写真のように保護メガネ・手袋等、安全に作業ができるように注意しながら行います。
危険な作業でもあるので、生徒も先生も真剣に取り組んでいます。しっかり練習して確かな技術を身につけてもらいたいです。
 
0

国際交流

国際交流 「国立羅東高級工業職業学校」来校


11月13日に、台湾から「国立羅東高級工業職業学校」が来校されました。
授業見学の時に電子機械科の実習風景を見学してもらいました。
3年生の実習でしたので、せっかくの機会ですから、生徒に実習内容を説明してもらいました。急なお願いをしたので生徒は大変緊張したそうです。
説明することも良い経験ですので、本日の授業は特別なものになったことでしょう。
  
  
0

たくみ祭

たくみ祭 電子機械科の様子

10月27日・28日の2日間、たくみ祭が行われました。
各クラス・文化部・有志団体とたくさんの参加団体があり、とても盛り上がりました。


電子機械科の1年生は射的をやりました。しかし、ただの射的ではありません。なんと的が水車のように回転しているのです。狙いを定めるのが苦労しそうな感じですね。お客さんも楽しんだことだと思います。
 

2年生は駄菓子屋さんと型抜きをやりました。装飾は昭和をイメージしたもので、どこか懐かしさを感じます。
 

3年生は、あの有名な番組「○○フレンドパーク」に登場したフラッシュザウルスを製作しました。先生方の助けもありましたが、自分たちでプログラムを組み、配線を行い、ボディーを作り、さすがは3年生です。よく頑張ったと思います。


また、2年生は装飾賞を、3年生は工業技術賞を受賞しました。みんなで頑張った成果の表れだと思います。次年度のたくみ祭も頑張ってください。
 
0

電子機械実習 ~マイコン~

電子機械実習 ~オリジナルAVRマイコンボードによるプログラミング~

今回は2年生の実習の1つである、マイコンボードのプログラミング実習の様子を
ご紹介します。この実習では、オリジナルAVRマイコンボードのデジタル入出力・
アナログ入出力プログラムについて学習します。ものづくりではなく制御関係の実
習内容です。
始めに、マイコンボードへの書き込み方法を覚えて、デジタル・アナログ出力プロ
グラムから行います。生徒にとっては初めての本格的なプログラム制御実習なの
で熱心に取り組んでいます。

  

その後、回路図を見てアナログ信号を入力し、その結果をデジタル出力・アナログ出力
するプログラムを作ったり、モータドライバーの制御を行うプログラムを組みます。ロボッ
ト製作をするにあたって必要なプログラム制御をここでしっかりと学びます

  
0

電子機械実習 ~旋盤~

電子機械実習 ~旋盤~

夏休みも終わり、2学期がスタートしました。
今回は2年生の電子機械実習の旋盤作業の様子をご紹介します。

この旋盤作業では、自立型走行ロボットの車輪・ホイール部分を製
作します。材料はアルミ丸棒です。
先生に安全に作業できるように指導を受けながら機械を操作します。
2年生とはいえ旋盤を操作するときは緊張するものです。慎重かつ
丁寧に操作して加工していきます。
  

この実習では旋盤作業だけではなく、卓上ボール盤での穴あけ作業や
タップと呼ばれる工具を用いてネジ立てを行います。1つの機械だけで
はなく様々な機械や工具の取り扱いが学べる授業なので生徒は熱心に
取り組んでいます。

 
0