放送部活動記録

放送部

今週末はハロゥインフェス!!

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部からお知らせです。

 

今週末の10月20日(土)、『Misato Halloween Fes 2019』が開催されます。会場はTX三郷中央駅前にある「におどり公園」主催は「三郷中央にぎわい創出実行委員会」です。

  

三郷高校放送部と私たちが司会を担当します。みなさん、遊びに来てくださいね!!

希望の進路を実現しよう!! 三工技の就職活動について・・・

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。

 

3年生の就職活動がピークを迎えています。高校生の就職試験は9月16日から始まりました。三工技からは134人の人が受験しています。今日までに80%以上の人が合格して内定をいただきました。10月9日(水)放送のお昼の校内放送『てく☆すて』では、就職活動に取り組んだ3年生に登場してもらいました。就職活動に向けて、今日までどんな取り組みをしてきたのか話してもらいました。

 

  

 

三工技では1年生のころから様々な進路活動が行われています。いろいろな機会に自分の将来について考えてきましたが、3年生に進級したらいよいよ進路希望を具体的に決めなくてはいけません。進学希望の人は進学したい学校を、就職希望の人は就職したい会社を、4月から6月までの3か月間を使ってじっくり考えます。就職希望の人は昨年の求人票を見たり、進路指導部の先生や保護者の人と相談したりして就職希望先を決めていきます。志望先の企業を決めるときにはどういう点に注意すべきなのでしょうか。印刷関係の会社から内定をいただいた3年5組の杉村くんに聞きました。

 

「志望する会社を決める前に、自分がどんな業界で働きたいのかをじっくり考えることが大切です。業界を決めてから会社選びをするわけですから、2年生の人も今のうちから大まかにでもいいので決めておいたほうがいいでしょう。自分はどんな仕事がしたいのか、どんな業種が向いているのかじっくり考えてください。悩んだら進路室などに相談しに行ったほうが良いです。」

 

就職したいのであれば自分がしたい仕事は何なのかをまずはしっかり考える必要があります。ものを作る仕事がしたいのか、設計の仕事がしたいのか電気関係の仕事がしたいのか、プログラマーになりたいのか、そういったことを具体的に考えなければいけません。杉村先輩は、専門教科の授業の中で色について学んだのがきっかけで印刷関係の会社を志望することに決めました。卒業した先輩方を招いて仕事の話を聴くOB・OG懇談会もとても参考になったそうです。

 

7月になるといよいよ各企業から求人票が学校に来ます。校内選考をへて自分が受験する会社が決まります。夏休みを使って会社見学に行きます。8月の下旬までには、会社に提出する履歴書を仕上げなければいけません。これが大変な作業です。奇麗な字で書かなければいけませんし自分の気持ちが会社の人に伝わらないといけません。会社の人に自分をPRするにはいくつか大事なことがあります。電気工事関係の会社から内定いただいた大日向くんに聞きました。

 

「まだ1、2年生はどんな仕事に就きたいか決まってない人が多分多いと思います。大事なことなのでしっかり考えてほしいのですが、それ以前に、まずは学校を休まないことが大切です。いままで休みがちだったというひとは、是非とも生活態度を見直して、欠席を減らすように頑張ってください。それと部活は辞めないで続けることが大切だと思います。自分をアピールする材料になるし、なによりも自信につながります。」

 

やはり欠席日数が多いと問題ですね。こればかりはごまかしようがありません。今まで休みがちだった人は大日向君のアドバイスを活かして、欠席日数を減らす努力をしてください。大日向くんはサッカー部に所属しています。就職の内定ももらえたので、残りの高校生活はサッカーを最後まで頑張るそうです。なかなか部活に取り組めないという人も、学校行事など活躍するなど何か頑張れるものを探してください。今年も文化祭が近づいてきています。頑張りましょう。

 

履歴書が出来上がったら次は面接練習です。面接はどの会社でも行っています。会社の人は面接を通じて私たちの熱意ややる気を確かめようとします。私たちにとっては自分の気持ちを相手に伝える絶好のチャンスです。この場を活かすためにはやはり練習が必要です。今年も就職を希望する3年生のみなさんは夏休み中から連日学校に通い、いろいろな先生から面接指導を受けていました。面接練習ではどういうふうに取り組んだらいいのでしょうか。通信関係の会社から内定をいただいた3年6組の相沢くんに聞きました。

 

「面接練習で大切なことは、早め、早めに取り組んだほうがいいということですね。しゃべる言葉を考えるのが苦手な人や緊張しやすい人は早くから沢山の先生の指導を受けたほうがいいと思います。早めに動けば先生方からいただいたアドバイスを活かした練習がたくさんできます。」

 

やっぱり早め早めの行動がいいようですね。何回も練習を繰り返すことが大切です。知らない先生に面接をしてもらったほうが学ぶことが多かったと相沢くんは話してくれました。

 

3年生の就職活動はまだ終わっていません。試験に合格して内定をもらえた人もいればまだ内定をもらえていない人、これから試験を受ける人もいます。これから試験を受けるみなさん。最後まであきらめないで頑張ってください。

 

  

 

2年生は来年、1年生は2年後に就職活動が大詰めを迎えます。3年生になって後悔しないようにするためには今からどんなことを心掛けて生活すればいいのでしょうか。進路指導主事の江本先生にお話を伺いました。

 

「そうですね、1年生はとにかく後悔しないように高校生活をしっかりと過ごすことがすごく大事ですね。あの時勉強をやっておけばよかったなぁとか、あの時なまけて遅刻しなければよかったなぁとか、そういった後悔をしなくてすむ生活を送ってください。欠席日数と学業成績の数字は絶対に書き変わりません。しっかりした高校生活を、後から後悔しないですむ高校生活を送ってもらいたいと思います。2年生はこれからいろいろ進路行事が入ってきます。その進路行事を通して何か気づいたり発見できたりするように前向きな姿勢で取り組んでほしいと思います。面倒臭がっていると何も気づけないし何も発見できません。気づきや発見がなければ自分の就職に対する考え方がまとまらなくなってしまいます。この部分で前向きに行事に取り組んで欲しいと思います。」

 

進路活動にとって一番大事なのは日々の学校生活を充実させることです。それぞれの夢が実現できるように頑張りましょう。放送部でした。

 

( 2年 釜島 睦 )

気になる部活② ワンダーフォーゲル部はかなりアクティブ!!

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。お彼岸を過ぎて10月に入ってもなかなか涼しくなりませんね。みなさん、体調を壊さないように注意してください。

 

10月4日(金)のお昼の校内放送『てく☆すて』では、写真部に続いて『気になる部活特集』第二弾をお届けしました。今回はワンダーフォーゲル部の話題です。

 

  

 

ワンダーフォーゲル部はかなりアクティブな部活です。月に一回山登りに行っています。最近では9月29日(日)30日(月)の2日間を使って秋季登山合宿を実施しました。行き先は栃木県の那須高原です。山小屋に一泊し、2日間で17キロを歩きます。なかなかハードなコースです。今回の那須登山で大変だったことを3年生の畑野先輩に聞きました。

 

「今回の山できつかったことは、2日目の登山の道のりが長かったことでしょうか。足場がほとんどごつごつした岩場だったので歩くのが大変でした。」

 

大変なこともありましたが、楽しいこともあったようです。3年生の別井先輩に聞きました。

 

「温泉が楽しかったです。山の疲れを癒してくれる最高の風呂でした。みんなでゆっくりお湯につかっていろいろな話をしました。山の中なので周りは真っ暗闇でなにも見えませんでしたが、少しですが星空を眺めることもできました。」

 

今年に入ってから、ワンダーフォーゲル部が登ってきた山は4月に筑波山、5月の奥多摩、6月の平標です。奥多摩の大岳山のキャンプ場では、河原でバーベキューを楽しみなした。鉄板の代わりに河原の石を熱して肉を焼いたそうです。ワイルドですね。

 

  

 

                                                               ( 写真提供 ワンダーフォーゲル部 )

 

8月には4泊5日の大掛かりな登山合宿を行いました。行き先は、南アルプスの北岳です。標高3000メートル、日本で2番目に高い山です。全員が高山病と闘いながらも、無事山上へ立ちました。3年生の畑野先輩はこの時の体験が3年間の部活の中で一番印象に残っていると言います。畑野先輩のコメントです。

 

「今年の夏休みに行った三泊四日の夏合宿は今までで一番きつい山登りでした。この登山では、日本で2番目に高い北岳という山に行ったんですけれど、北岳で自分は高山病いう、頭痛や吐き気のする病気にかかってしまいました。大変でしたが頑張って北岳の頂上にたどり着くことが出来ました。とても達成感がありました。」

 

  

 

                             ( 写真提供 ワンダーフォーゲル部 )

 

今後は、11月に鎌倉散策、2月に高尾山。3月に雲取り山に行く予定です。

 

厳しい山の世界に挑むのに、ワンダーフォーゲル部はどのようなトレーニングを積んでいるのでしょうか。2年生の宮原先輩に聞きました。

 

「普段の練習では、山に登るための体力を付けるために外周走をしたり、重たいザックを持って安定した動きをするために体幹トレーニングをやっています。」

 

ワンダーフォーゲル部みなさんは、山の厳しさをよく知っています。3年生の別井先輩はこんなことを話してくれました。

 

「私は今三年生なのですが、一年生の頃の夏合宿で台風に直撃した状態で山に登ることになりました。その頃はあまり山のことを分かっていなかったというのもあって、安い合羽を持って行ってしまったんです。安物の合羽は山の強い雨風にはほとんど役に立ちませんでした。びしょびしょになってしまって寒い思いをしながらテントにとまりました。風も強く雨も強かったんですが、寒さで寝ることができず、ガスで火をつけて温まりました。換気などをしながら30分ぐらいしか寝ることができなかったので、なかなか辛い体験でした。」

 

  

 

あのころは山を甘く見ていたと、別井先輩は言います。準備の甘さのために大変な目に合いました。この時登った山は涸沢岳です。テント場を台風が襲いました。強風で、テントのポールが折れてしまったそうです。

 

こんなにつらい思いをしながらも、なぜ彼らは山に登るのでしょうか。別井先輩に山の楽しさについて教えてもらいました。

「私は自然が好きなので珍しい虫などを見つけてどんな虫だろうと考えてみたりするのはとても楽しいです。山に行くといろいろな動物に出会えます。鹿や猿、時には熊を見ることもありました。川で遊んでみたり、その周辺でバーベキューをしておいしい食事を食べたり、そういうところも楽しいですね。そして実際に、登山をして登り切った時の達成感は最高です。苦労して登った山頂の景色の美しさは素晴らしいです。」

 

辛い思い出よりも、達成感の方が大きかったのですね。正直に言って取材をしてお話を聞くまで、私はワンダーフォーゲル部がこんなに活発な活動をしていることを知りませんでした。先輩たちのハードな体験を聞いてとても驚きました。ワンダーフォーゲル部の活動はかなりアクティブです。何か新しいことにチャレンジしてみたいと思っている人は、ワンゲル部の活動に参加してみてはいかがですか。

 

( 1年 山賀 琉騎 )

CとHの素敵な世界

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。

 

みなさんは、チェイサーオンラインと言うゲームを知っていますか?情報技術科の生徒や電算部の部員が授業や部活で取り組んでいるネットワーク対戦型のゲームです。このゲーム、とても奥が深いのです。102日(水)のお昼の校内放送『てく☆すて』では情報技術科以外の皆さんにもチェイサーオンラインの世界に付き合ってもらいました。

 

  

 

チェイサーオンラインはネットワーク対戦型のゲームです。プレーヤーはネットワークを介してゲーム場にアクセスします。それぞれに「C」と「H」のキャラクターが割り振られ、自作したプログラムでマップ上を自由に動かし、敵を追いかけます。マップの中にはたくさんのアイテムも埋め込まれていて、これをゲットしても得点になります。

 

チェイサーオンラインのどんなところが面白いのか電算部部長の白岩くんにきいてみました。

 

『プログラムのクオリティを上げるためにいろいろ勉強します。自分の勉強した成果が目の前で分かります。高得点を取った時はすごくうれしいです。自分の成長できたと実感できて面白いです。』

 

白岩くんは情報技術科ではなく電子機械科の生徒です。授業でチェイサーオンラインに取り組んでいるわけでもなく、プログラミングの授業時間も状補遺技術科ほど多くありません。部活を通じて、ほとんど独学で7000点を獲得するプログラムを仕上げました。学科の授業でいろいろ教わっている情報技術科の私ですら5000点を取るのが精一杯です。尊敬してしまいます。

 

電算部に所属している26組の斎藤くんはチェイサーオンラインの校内ランキングではいつも上位に名前が出でいます。斎藤くんの最高得点記録は20000点です。これはもう凄いとしかいいようがありません。

 

  

  

そんな斎藤くんでもチェイサーオンラインの難しい所があるのでしょうか。聞いてみました。

 

『プログラムでは、得点の高いアイテムを優先的にとるようにさせるのが大変でした。特に自分の思った通りに動かなかった場合プログラムの書き直しが大変でした。』

 

プログラムは1文字でも間違っていると動いてくれません。機械は正直なのです。私もプログラムのスペルが逆になっていたことがありました。プログラムがうまく動かなかったときに間違いを見つける作業の大変さは忘れられません。ゲームをする際に意識いていることはあるのか聞いてみました。

 

『得点の高いアイテムを取りこぼしていないか気つけています。』

 

ゲーム中もモニターから目を離さず高得点を取れるように考えているようです。私も斎藤くんにならって高得点を取れるように頑張りたいと思います。

 

  

  

実はチェイサーオンラインには全国大会もあります。情報技術協議会が主催している「全国高校生プログラミングコンテスト」という大会です。運営を行っているのは情報技術科の稲田先生です。話を聞いてみました。

 

『情報技術系の大会なので表面的には非常に静かに大会は進んでいきます。しかしプログラムにいろんな技が込められているので内面的には熱いになっています。』

 

今年の全国大会は119日(土)に大宮ソニックシティで行われます。わたしたち放送部は司会としてお手伝いをさせていただくことになっています。

 

みなさん、チェイサーオンラインに興味を持っていただけましたか? ぜひ自分でもやってみたいと思った人は是非、全国情報技術教育研究会のホームページを覗いて見てください。

 

http://www.zenjouken.com/?page_id=583

 

みなさんとチェイサーオンラインで対戦できることを楽しみにしています。

 

( 2年 釜島  睦 )

更衣で朝礼

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。

今日から10月ですが、なかなか涼しくなりませんね。今日の埼玉県南部の最高気温は28度という予報が出ています。まだまだ夏日が続いていますが、夏服から冬服への移行期間が始まりました。2週間後には冬服になります。

  

三工技では年2回、夏服から冬服への移行期と冬服から夏服への移行期に全校朝礼を行います。今日は秋の更衣の朝礼が行われました。いつも通り放送業務を担当させていただきました。

 

朝礼の後には表象と壮行会が行われました。電子技術部と電子機械科の課題研究グループが相撲ロボットの大会で予選を突破し、全国大会に進みます。無線部は北海道で行われるARDFの全国大会に出場することになりました。どちらも頑張ってください。

気になる部活 ① 写真部

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。

 

お昼の校内放送『てく☆すて』ではこれから何回かにわたって私たちが気になる部活にフォーカスしてみることにしました。927日(金)の放送では写真部の話題をお届けしました。

 

写真部の部長は35組の佐原美杏さんです。優しくて頼りがいのある先輩です。体育祭では応援合戦のダンスを後輩たちに丁寧に教えてくれました。普段の活動日には部員たちにこまめに声をかけ、よくまとめています。活動に必要な物品の買い出しも佐原さんが行っています。

 

写真部の部員のみなさんは月に1回作品を提出しています。提出された作品は、化学室前の廊下に展示されます。今展示されているのは7月に提出された作品です。テーマは「モノクロ」白黒の写真はおしゃれな感じがして素敵です。次の提出締め切りは930日。10月には新しい写真が展示されます。楽しみですね。

 

  

 

今年に入ってからコンクールにも出品するようになりました。同志社女子大学写真コンテストは女子だけが参加できるコンテストです。5人の女子部員が出品しました。コンテストの結果は116日にウェブサイトで公開予定です。彩の国農業・農村景観フォトコンテストは、田んぼや畑の農作業風景を撮影した写真のコンテストです。申込みの締め切りは1015日です。写真部の全員が今このコンテストに向けて活動しています。

 

今年に入ってから写真部の活動がどんどん活発になってきています。部長の佐原さんに聞きました。

 

「今年度に入って1年生の新入部員がたくさん入ってきてくれたので、活動の活性化を目指しました。部員には月に1枚、作品を提出してもらうことにしました。毎月ほとんどの部員が提出してくれています。作品は私たちの活動場所である化学室の廊下に展示しています。先生方からもなかなか好評で、やりがいを感じます。これからも続けていきたいと思っています。今年の夏休みにはコンテストにもチャレンジしました。写真部はこれからもっともっと活動していくので、応援よろしくお願いします。」

 

  

 

写真部の1年生に話を聴くと、部活がにぎやかで楽しいと言っていました。写真の楽しみについて聞いてみると、いいなと思ったものを撮ることが出来るし、友達の表情を撮るのも楽しいと話していました。写真部のみなさんもすごく楽しんで写真を撮っています。部長の佐原さんは高校に入ってから写真を始めましたが、今では将来写真関係の仕事に就きたいと言っています。写真を始めたばかりの1年生もやっぱり自分のカメラが欲しいと言っていました。打ち込むことのできるものがあるっていいです。

 

  

 

たくみ祭では写真部は作品展示の他に、チェキを使った記念撮影を行なうそうです。写真部員がみなさんの写真を上手にとってくれます。友達やカップルで素敵な記念写真を撮ってもらってうのはどうですか。

 

( 1年 目黒 彩夏 )

ラグビー部、花園予選で大健闘!!

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。

 

野球といえば「甲子園」、ラグビーといえば「花園」ですね。1月に花園で行われるラグビー全国大会。その埼玉県代表を決める予選が行われています。三工技ラグビーは一回戦で浦和工業高校と対戦しました。結果は42-0で圧勝でした。二回戦の相手は深谷高校です。9月25日(水)のお昼の放送「てく☆すて」では、ラグビー部の深谷高校との対戦の話題をお届けしました。

  

今回の対戦相手の深谷高校は昨年の大会の優勝校です。過去10年間の大会で7回も埼玉県代表に選ばれています。大柄な選手たちが多く、平均体重78㎏です。この強敵を相手に三工技ラグビー部はどのように戦おうとしているのでしょうか。顧問の中川先生に聞きました。

 

『深谷高校は毎年130点以上の得点で優勝しています。その相手に対して100点以上取られないということ、そしてこちらは零点では終わらない。そこにとにかくフォーカスして60分間頑張りたいなと思います』

 

相手との力の差を認めつつも、出来ることをやる。それが三工技ラグビー部の作戦です。ラグビー部では試合の度にボードに寄せ書きをしています。部員全員が試合に向けた思いをそこに書きます。今回の寄せ書きには「声を出す」や「死んでも立ちます」など気持ち的なものもあれば、「すべてロータックル」と言ったような技術的なものもありました。「重いやつがなんぼのもんじゃい!」というようなユニークなのもありました。チームワークが大事ということを象徴するようにボードの上の方に大きく「ONE TEAM」と書いたのはキャプテンの相田くんです。


  
 

試合が行われたのは9月21日(土)。会場は本校グラウンドでした。午前10時半。キックオフの笛が高々と鳴り響きます。

試合開始直後から攻める深谷高校。どんどん得点を重ねてきます。三工技は猛攻をなかなか防ぎきれません。前半は深谷高校リードで終わりました。

 

後半に巻き返しをかける三工技。体重差を補うために1人の敵の攻撃を2人がかりで止めるダブルタックルが効果をあらわしはじめました。わざと高い場所でタックルし、ボールの勢いを殺したり、2人組、3人組を作って敵に当たるチームプレーを生かした試合運びで何とか敵の勢い押さえます。

 

圧倒的な得点差にも関わらず三工技ラグビー部は、最後まで試合を投げ出すことなく全力で強敵に挑みました。最後まで声を出し続け、互いに励ましあいながら頑張りました。残念ながら得点には至らず、125-0で2回戦敗退3回戦進出にはなりませんでした。三工技ラグビー部大健闘でした。お疲れさまでした。

  

 

今回の試合でラグビー部の3年生は引退します。3年生の何人かに今の気持ちを聞いてみました。「3年間仲間と同じ部活で活動出来てよかった。」と佐藤くん。「足を骨折して10カ月。最後にみんなと一緒にラグビーが出来たことを誇りに思います。」と稲葉くん。「1年生の12月頃に途中入部したけど、今日この日までこのメンバーでラグビーができて幸せでした。」と尾櫃くん。「合宿で1日のスケジュールが終わったあとにみんなで部屋で遊んだことが一番の楽しかった。」と菅原くん。みなさんお疲れ様でした。最後にキャプテンの相田くんにコメントをいただきました。

 

「ラグビーをやってきて、本当に人として成長できたので、3年間続けて良かったなと思います。」

 

ラグビー部の3年生の皆さんお疲れさまでした。

 

( 1年 高橋 晃 / 写真撮影 番沢 日陽 )


読書の秋にビブリオバトルで盛り上がる!!

みなさんこんにちは。三郷工業技術高等学校放送部です。

 

お彼岸も過ぎてすっかり秋らしくなってきましたね。秋といえば食欲の秋、スポーツの秋、そしてなんといっても読書の秋です。本が読みたくなる季節ですね。917日(火)近隣の高等学校の図書委員が集まりました。東部地区図書委員会研修交流会です。三郷市内の3校、八潮市内の2校、草加市内の4校が集まりビブリオバトルが行われました。920日のお昼の校内放送『てく☆すて』では、図書委員会研修会の話題をお届けしました。

 

  

 

ビブリオバトルというのは参加者がお互いに好きな本を持ち寄って紹介するイベントです。それぞれが決められた時間を使って自分の好きな本を紹介し、その後グループでディスカッションします。そして最後に投票で「自分が読みたいと思った本」を選びます。選ばれた本は「チャンプ本」と呼ばれるそうです。

 

今回のビブリオバトルは交流会参加者44人を8つのグループに分けて行われました。1つのグループは5人から6人。その中で1冊の「チャンプ本」を選びます。三工技からの参加者は16組の岩月裕子さんと井上隼人くん、24組の髙木直弥くんと谷口太紀くん、26組の釜島睦くんと春木望海くんです。

 

  

 

16組の岩月裕子さんが紹介した本は『ハイジ』です。テレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』は有名ですから、見たことがある人も多いでしょう。岩月さんが読んだのはこのアニメの原作です。キャラクターの性格がアニメと違うのが面白くて、今回のビブリオバトルの本に選んだそうです。ハイジは泣き虫だし、ペーターは怒りっぽくてクララの車いすを壊してしまったりします。意外なキャラクターたちが面白くて紹介したそうです。岩月さんが他の人の話をきいて、読んでみたいと思ったのは『仮面病棟』という本でした。悪役である強盗犯が押し入った病院の裏の不正を暴くというストーリー。こちらも面白そうです。

 

26組の春木望海くんは『ありふれた職業で世界最強』という本を紹介しました。白米良のライトノベルです。アニメ化もされていて、最近シリーズ最新刊が出ました。春木くんが気に入った本は『リアル鬼ごっこ』です。読んだことのある本でしたが、プレゼンが面白くてまた読んでみたくなったと話してくれました。

 

今回のビブリオバトルの運営を担当した司書の尾澤先生にお話を聴きました。

 

「自分のお勧めの本を紹介するというのはとても緊張することだと思うんですけれども、まっすぐに発表し合えていてよかったと思います。実行委員の皆さんは様々なトラブルに対して冷静に対処し、臨機応変に動けていたのはよかったと思います。」

 

 

 

今回の研修会では三郷地区が運営担当でした。本校から参加した6人も実行委員として働き、ビブリオバトルの時は各グループの司会を担当しました。

 

さて、今回の図書委員交流集会ですが、ビブリオバトルの他にもう一つイベントがありました。「編集者ゲーム」です。ビブリオバトル以上の盛り上がりを見せたそうです。どんな内容だったのでしょうか。春木くんに聞きました。

 

「自分が知っている本のタイトルを上下に分けます。例えば『ノーブレム・ノーライフ』は『ノーブレム』と『ノーライフ』に、『伊勢物語』だったら『伊勢』と『物語』という具合です。そしてバラバラの上下をランダムにくっつけまて、『ノーブレム物語』とか『伊勢ノーライフ』のような新しいタイトルを生み出します。そのタイトルの本の内容、ストーリーを考えるのが「編集者ゲーム」です。実際やってみて生まれたタイトルには『ジョジョのクリームソーダ』とか『ソロモンの世界』といったような面白いものがたくさんありました。参加者それぞれのセンスで即興で生み出されたストーリーもなかなか面白くて、ゲームはとても盛り上がりました。」

 

とても面白そうですね。

 

今回の話題で名前が出た『ハイジ』『仮面病棟』『ありふれた職業で世界最強』『リアル鬼ごっこ』の4冊は図書室で借りることが出来ます。読書の秋です。皆さんも是非図書室に行って、本を手に取ってみてください。

 

( 1年 滝澤颯太  /  写真提供 図書委員会 )

今年もみんなでたくみ祭を盛り上げよう!!

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。

 

今年のたくみ祭は11月1日(金)に校内公開、11月2日(土)に一般公開のスケジュールで実施されます。すでに各参加団体の企画もまとまり、準備が進められています。開催44日前の9月18日(水)に放送した『てく☆すて』では、たくみ祭の話題をお届けしました。


  

 

今年のたくみ祭の特徴は有志団体の発表が期待できそうです。いくつかにフォーカスしてみました。

 

「極楽空想日和」はダンスグループです。情報電子科の3年生が中心になって踊ります。昨年たくみ祭に登場した「太陽系デスヨ」がボリュームアップして帰ってきました。代表の蛭子屋くんに聞きました。

 

「去年より人数が増えました。踊る曲も増えて2曲で踊る予定です。頑張って踊ります。野外ステージに人を集めて楽しめてもらえたらいいなと思ってまいす。」

 

  

 

                                               ( 昨年の「太陽系デスヨ」のステージから )

 

Aulas(アウレス)」はヲタ芸を披露します。ヲタ芸というのはコンサートなどでサイリウム(暗闇の中で光る棒です)などを振りまわして踊る独特な動きを伴うダンスです。メンバーの1人に話を聞きました。

 

「ヲタ芸好きな5人が集まりました。3年生2人、1年生3人で『惑星ループ』『君次第列車』そしてあともう1曲をやります。頑張りますのでよろしくお願いします。」

 

あと1曲は何でしょうか。楽しみですね。ちなみに、ヲタ芸を踊る人達を打ち師と呼ぶそうです。「Aulas(アウレス)」に集まっている打ち師たちは、ヲタ芸界ではそれなりに有名な人たちみたいです。楽しみですね。

 

「エビのしっぽ」はバンドグループです。「エビのしっぽ」も昨年に続いて2度目のたくみ祭ステージです。ボーカルは25組の横山希彩さん、ギターは34組の富樫健太くん、ベースは34組の工藤明日佳さん、ドラムは33組の本山一真くんです。本山くんはドラムを始めてから4か月だそうです。話を聞きました。

 

「みなさんの足を引っ張らないように練習していきたいです。」


  

 

                                              ( 昨年の「エビのしっぽ」のステージから )

 

富樫君はバンドとは別にギターのソロコンサートも行います。普段は合唱部の部長として活躍している富樫くん。今回はどんなステージを見してくれるのでしょうか。意気込みを聞きました。

 

「先生との演奏を含めた映像を用意しています。気合をこめて練習をしています。本番も間違えないようにがんばっていきたいです。」

 

富樫くんのギターのステージには、電気科の小川先生も手伝っているそうです。どんなステージになるか楽しみですね。

 

有志団体以外にも気になる企画が沢山あります。12組の企画は「すごろく」です。三郷工業技術高校の入学から始まって卒業でアガリです。ぼんやりしていると赤点を取って留年です。無事進級できるようにしたいですね。

 

21組は昨年制作したジェットコースターをグレードアップさせる予定です。小さな子供も安全に乗れるようにすること、放送部の部長が乗っても壊れないようにすることなどの課題と向き合っています。昨年は直線コースでしたが、今回はカーブにも挑戦するそうです。

 

  

 

                                                      ( 昨年のジェットコースターの様子 )

 

32組はタピオカドリンクのお店をやります。6種類の飲み物でお客様をおもてなし。生徒会長もお勧めのお店です。

 

たくみ祭まであと1か月半です。生徒会本部のみなさんは今月28日に行われる学校公開や10月の休日の新三郷駅前などでチケットの配布を行う予定だそうです。みんなで協力して最高のたくみ祭にしましょう。

 

( 2年 高橋 晃 )

『てく☆すて』夏休み特集④ 野球部の代替わり

みなさんこんにちは。三郷工業技術高等学校放送部です。

 

913日(金)のお昼の校内放送『てく☆すて』では野球部の話題をお届けしました。夏休み中の三工技生の活躍を追った「夏休み特集」の4回目、最終回です。

 

野球部は7月に行われた夏大会で3年生が引退し、新しいチームに代替わりしました。新チームは2年生が2人、1年生が9人です。新入生が多いチームです。キャプテンは23組の篠田颯太くん、副キャプテンは同じクラスの嵯峨龍哉くんです。キャプテン篠田君に新チームの雰囲気を聞いてみたところ、「明るく、堅苦しくないけど緊張感に欠ける」と答えてくれました。

 

  

 

野球部は夏休みをつかって新チーム作りに励みました。沢山の練習試合を行い、宮城県の仙台への遠征も行いました。他県の生徒との試合は新鮮な体験でした。その成果が問われたのが8月下旬に行われた地区新人大会です。高校野球連盟が主催する大会で、県大会につながらない地区内の大会ですが、上位に残れば秋大会のシード権が得られます。

 

第一試合は817日(土)に春日部市の庄和球場で行われました。よく晴れ渡った夏空に蝉の声が響き渡る暑い日です。対戦相手は草加南高校。三工技ナインと同様、1年生が多いチームです。キャプテンの篠田君に話を聞いたところ、「対戦相手の実力は同じくらいだと思いますが、油断しないしないで全力で戦いたい」と話してくれました。練習試合を積み重ねて経験値をあげてきた三工技ナインですが、試合結果はかんばしいものではありませんでした。今日は本番、正念場です。7月に引退して進路活動に忙しい3年生も、今日は応援に駆け付けました。篠田キャプテンは、「前のキャプテンが応援に来てくれるから頑張りたい」とも話してくれました。

 

   

 

試合は三工技が先行で始まりました。1回表、1年の煙山君が2ベースヒット。滑り出しは好調です。順調に塁を進めて2点先取です。草加南も巻き返しをかけてきますが、三工技ナインは慎重な試合運びで相手の得点を許しません。なんとか相手の得点を2点に抑えつつ後半には得点を重ねます。ついに7回、相手に10点の差をつけて12対2でコールド勝ちを決めました。

 

練習試合ではなかなか勝てませんでした。そこであきらめることなく最後まで頑張った結果なのではないでしょうか。試合を終えた感想をキャプテン篠田君に聞きました。

 

「序盤は立ち上がりが満塁だったして苦しい展開が続いたんですが、全員でピンチを乗り切りました。打順に関係なくみんなが打てたのがよかったと思います。」

 

  

 

チーム全体で結果を残せてよかったですね。顧問の大塚先生にもコメントをいただきました。

 

「暑い中選手達は一丸となってよく頑張ってくれたと思います。試合結果はコールドで勝つことができて非常にうれしかったです。ただ、この勝てたということも、今までチームを支えてきてくれた、歴史を作ってきてくれた3年生がいて、先輩方がいて、そういう支えてくれている人達の思いを選手達は叶えてくれたんだと思います。」

 

後輩の試合を見た元キャプテン、33組の中田龍輝くんにも話を聞きました。

 

「自分達の代で夏の大会は負けてしまったんですが、それがすごく生きてる試合だなと思いました。自分達の大会で出た課題点をしっかり克服できていたので意味のある試合になったなと思いました。」

 

後輩たちが結果を残せてよかったですね。

 

  

 

夏休みが終わってさらに新しい展開がありました。秋大会の第一試合は96日(金)に行われました。対戦相手は羽生第一高校です。春大会でも初戦で当たって大敗を喫した縁の深い相手です。試合は接戦になり、延長線にもつれ込みます。結果は残念ながら67で敗れてしまいましたが、大健闘でした。代替わりの夏を経て着実に力をつけてきた三工技野球部。これからの活躍に目が離せません。

 

( 1年 木村莉来 )