日誌

タグ:情報配線施工

【情報通信】4/4(木)技能五輪全国大会予選会の結果報告

4/4(木)で富山県の北陸電気工事株式会社で開催された「2024技能五輪全国大会予選会」で、1年生の佐藤優真さんがメタルケーブル早繋ぎ部門で見事第2位を獲得し、11月に実施される2024技能五輪全国大会への出場権を獲得しました。

 

「2024技能五輪全国大会予選会」は企業選手が全国大会に出場するための予選会となっており、スポーツ選手のように業務として競技練習を行っているため、とてもハイレベルな技術の競い合いが行われています。

 

本年度は、昨年度卒業(今年の3月卒業4月入社)の中村優希選手と、一昨年の年度に卒業(昨年の3月卒業4月入社)の松野元南選手も出場し、三郷工業技術高校出身・在籍の女子が揃い踏みの予選会でした。

特に中村優希選手は、入社後一年間の企業研修を終えてから出場するのが通例の中、高校3年生で技能五輪全国大会出場・光課題を達成(全接続)した実績を企業の方々が柔軟に対応して下さり、入社から即予選会に出場という異例の出場となりました。

 

松野元南選手・中村優希選手・佐藤優真選手の3名が見事予選会を突破し、技能五輪全国大会の出場権を獲得することが出来ましたお祝い

 

次は学生日本一決定戦で、本校のもう1人の選手の技能五輪全国大会出場権獲得を目指して頑張って行きます眼鏡

4/4(木)技能五輪全国大会予選会にむけて

4/4(木)に富山県の北陸電気工事株式会社にて「技能五輪全国大会予選会」が開催されます。

本年度企業選手として入社した中村優希さんは、昨年度の技能五輪全国大会での学生としての実績を評価され、1年間の養成期間なく、この予選会への出場が予定されています。

 また、今年の予選会は昨年度企業選手として入社した松野元南選手も、1年間の養成期間を終えて満を持して出場します。

三工技選手2名も本来学生が技能五輪枠出場を獲得できる「学生日本一決定戦」だけではなく、この企業予選会へ2年連続で出場します。

今年は本校出身(女子)揃い踏みの予選会になります。競技なので、全員が良い結果を得られるとは限りませんが、皆一生懸命頑張る子ばかりなので、一人でも多く努力が報われることを祈っていますにっこり

情報配線施工技能検定合格100%

情報配線施工の合格発表がありました。

今回受験した2年生5名、1年生2名は全員合格することができましたお祝い

放課後の座学補習や実技練習もよく頑張っていたので、生徒も成果を得られて本当に良かったです。

1年生は早期の国家検定取得になるので、2年生で深化させるも良し。残りの制御(電子機器組み立て)やCG(ウェブデザイン技能検定)を試してみるなど、次年度に活かしてもらえれば嬉しいです花丸

中村選手への技能五輪2023に向けた壮行会

昨日、11月に技能五輪2023[情報ネットワーク施工部門]に出場する3-4中村優希選手への壮行会が行われました。技能五輪で学生一を奪還するという本人の意気込みを聞くことができますので、是非ご視聴お願いします!

(編集過程で音量を小さくしすぎたかもしれません、申し訳ないです。視聴音量は最大近くで大丈夫かと思います。視聴後は音量を下げるのをお忘れなく。)

学生日本一の情報や今年度の中村選手達の様子について、以下に過去投稿のリンクをまとめておきます。

①生徒紹介編

②大会説明編

③会場準備編

④競技準備編

⑤課題研究とのコラボ

⑥競技結果編

三郷工業技術高校では、競技会の成果などを放送部がインタビューを行って放送したり、壮行会を学校全体で開催してくれたりと、頑張った成果や身につけた力を実感し易い魅力ある環境が整っているように感じます。技術競技だけでなく部活動や課外活動などでも次に続く生徒が出てこれるようサポートに努めていきます。

【COMNEXT情報通信配線技術フォーラム2023】学生日本一決定戦[情報ネットワーク施工職種]⑤課題研究とのコラボ(作業服ワッペンデザイン)

今回は選手が着用する作業服ワッペンについて紹介します。

学生日本一や技能五輪などの競技会に出場する選手は、暑い夏場から寒い冬場も他の生徒たちより長い時間作業服を着用するため、快適性を求めて各々が好きな作業服を購入しています。 ワークマンなどで購入した作業服そのままなので当然学校名も書かれておらず、会場で所属を示していきたいと考えていたこともあり、本科課題研究のデザイン班とコラボして「校章ワッペン」と「スポンサー(企業)ロゴワッペン」を本年度より制作しました。

校章ワッペンは、生徒が使用許諾申請書を作成し、校長先生と教頭先生の許可を頂く事から始めました。デザインは学校カラーであるオレンジ、学科カラーである紫を基調としています。 スポンサーロゴワッペンは、生徒が企業の担当者様と直接電話やメールでやりとりし、社内稟議に通してもらうことで、正式に使用許諾を頂き制作しました。ロゴ自体にはデザインの余地がなかったため、ワッペンの枠組に学科カラーを配色しています。

デザインは学科内容として学習していますが、ワッペンの手作りは流石にできません。制作は、お台場の「OWN ONE SHOP」様に依頼し、超短納期で仕上げて頂きました。

 

Fujikura&学校ワッペン