放送部活動記録

気になる部活⑤ 一つ一つを丁寧に。陸上部の冬の練習。

みなさんこんにちは。三郷工業技術高等学校放送部です。寒い日が続きますね。インフルエンザに注意しましょう。1月17日(金)のお昼の校内放送『てく☆すて』では陸上部の活動をレポートしました。

 

陸上部は、1年生11人、2年生5人、計16人で活動しています。1年生の割合が多い部活です。活動日は週6日で、練習メニューが曜日によって決められています。

 

みなさんは陸上部が取り組んでいる種目にどんなものがあるかご存知ですか? 本校の陸上部が取り組んでいる種目は短距離走、中距離走、長距離走、ハードル、砲丸投げ、幅跳びの6種目です。以前は槍投げに取り組む先輩がいたそうですが、その先輩が引退してしまってからは今の種目になったそうです。

 

  

 

3年生が引退してからの陸上部で、どんなことが大変なのかを部長の森田くんに聞きくと「皆をまとめるのが大変です」と話してくれました。

 

長距離の練習をしている1年生の和田くんに練習で大変なことを聞きました。

 

「体育の授業で1500Mなどの長い距離を走った後は大変ですね。部活でまた長い距離を走るので足に負担がかかって辛いです。」

 

陸上部員でも体育の後の練習は辛いのですね。

和田君と一緒に練習していた日下君に長距離を走るときの工夫を聞きました。

 

「長距離をやるうえで大事なのはペースを維持することです。そして呼吸。呼吸の仕方を考えないとペースが同じように維持できませんからね。」

 

私は体力に自信がないので、ぜひこのコツを学びたいと思いました。長距離専門の2人は練習では1週900メートルの敷地外周を10~15週くらい走るそうです。走るのが苦手な私には想像もつかないハードな練習です。とても驚きました。

 

  

  

陸上部の部長にこれからやっていきたいことを聞きました。

 

「うちの学校は決して強い高校ではないのですが、今やっている練習をしっかり一つ一つこなしていけるようにしていきたいです。それで徐々に記録をしっかり上げられたらなと思っています。」

 

今、陸上部はオフシーズンです。みっちり基礎体力を積み重ねる季節です。

次の大会シーズンは4月のインターハイ予選です。陸上部のみなさん、頑張ってください。

 

( 1年 山賀 琉騎 )