放送部活動記録

団長インタビュー、5団&6団

みなさんこんにちは。三郷工業技術高校放送部です。


4月に入ってから、昼の校内放送「てく☆すて」では、各団の団長さんや副団長さんに登場していただき、対面式の出し物の話題や、体育祭に向けた意気込みを話してもらっています。3回目の放送になる4月26日(木)には5団と6団の代表のみなさんに出演してもらいました。


5団は情報電子科のクラスで構成されている団です。コンピュータ使ったデザインの勉強に多くの実習時間を使っている学科で、5つの学科の中では女子が多い学科で、団長も女子です。対面式では寸劇とダンスを披露しました。

  


対面式の出し物を決めた経緯について、副団長の神林夢大くんは「寸劇で恒例の制服指導を題材にしたものをやるというのが当初の企画でしたが、バブリーダンスも組み込むことにしました。難易度の高いダンスなので春休みから練習を重ねてきました。上手く踊れたので達成感が大きかったです」と話してくれました。


  


体育祭に向けて、同じく副団長の鈴鹿光くんは、「5団は女子が多いので弱気になりがちですが、女子100メートル走や応援合戦で女子の人数の多さを生かして高得点を目指したい」と語りました。団長の西岡あおいさんは同じ団の1年生に向けて
「5団はもうすぐ体育祭の練習が始まります。先輩たちも精一杯頑張るのでついてきてください。ダンスは恥ずかしいかもしれないけど恥は捨てて大きく踊ってください。」と呼びかけました。


6団は情報技術科のクラスで構成されている団です。5団と同じコンピュータ系の学科ですが、主にプログラミングの勉強に多くの時間を使っています。対面式でコントを披露しました。出演したのは3年6組の伊藤潤弥くんと下永田敦くんです。6団は団長の選出にかなり手間取り、対面式には間に合いませんでした。対面式の舞台には団の代表として伊藤くんと下永田くんが団の代表として舞台に立ちました。


  

対面式の出演者を決めるにあたって、伊藤くんは「なかなか出演者が決まらなかったので、自分たちでやることにしました」と出演の経緯を語りました。なかなか面白いコントだったのですが、マイクの位置を合わせるのに失敗してしまいました。下永田くんは「あまりよく聞こえなかったみたいで、それが残念です。」と語りました。


  

団長の白石凌雅くんに体育祭に向けた意気込みを聞きくと、「意気込みというのは特にないんですけど、まあしいて言うなら安全第一で、騎馬戦で騎馬から落ちてけがをしたりすることの無いように頑張ってくれたらいいな、と思っています」というクールな答えが返ってきました。副団長の堀勇仁くんは6団の1年生、2年生に向けて「今年は真面目に練習をやるのでちゃんと参加してください。6団として頑張りましょう。」と呼びかけました。


  

お知らせです。


運動部の公式戦が続いています。卓球部の東部地区予選が昨日から始まっています。大会2日目の今日は団体戦が行われています。第1試合の対戦相手は久喜北陽高校です。卓球部のみなさん、頑張ってください。バスケットボール部の地区予選第3回戦は28日(土)に幸手桜高校で行われます。対戦相手は春日部東高校。この試合に勝てば県大会出場です。バスケ部のみなさん、頑張ってください。


山岳部
では今週末の28日に新入部員の歓迎登山を計画しています。目的地は奥多摩にある鷹ノ巣山です。山岳部のみなさん、気を付けて行ってきてください。


明日、27日(金)には離任式が予定されています。昨年度まで本校で勤務された先生方が挨拶に見えます。楽しみですね。


放送部でした・・・・・・・・