電子機械科ニュース

走行テスト

 今日は、2年生最後の実習です。前回は1年生の時から製作してきた、自走型ロボットの部品を組み立てて、ロボットを完成させました。






 今日は、そのロボットの走行テストを行いました。テスト内容は直進走行テストとセンサー反応テストです。
 直進走行テストは約1mの距離をまっすぐ走れるかどうかのテストです。モーターの調整が必要ですが、生徒たちは難なくクリアしました。
 センサー反応テストは、箱の中を壁にぶつからないように走行できるかのテストです。今年の2年生はこちらで苦労しました。センサーの調整は繊細さが必要です。微妙な調整を何度も繰り返しているうちに、箱の中をぶつからないようにロボットが動き出しました。
 合格した生徒たちは、喜びながら、ロボットのいろんな機能を試しながら、この2年間の成果を楽しんでいました。この経験を来年度の課題研究などに活かしてほしいと思います。