活動記録

特定小型原動機付自転車(電動キックボード)に関する交通ルール等について

 令和5年7月1日、道路交通法の一部を改正する法律(令和4年法律第32号)のうち、特定小型原動機付自転車の交通方法等に関する規定が施行されました。

 特定小型原動機付自転車とは、いわゆる「電動キックボード」になります。

 性能上の最高速度が自転車と同程度であるなどの一定の要件を満たす電動キックボード等は、特定小型原動機付自転車として、走行場所が自転車と同様となるなどの新たな交通ルールが適用されます。

≪運転するにあたって≫

 特定小型原動機付自転車を運転するのに運転免許は必要ありませんが16歳未満の者が特定小型原動機付自転車を運転することは禁止されています。

【罰則】 6月以下の懲役又は10万円以下の罰金

≪乗車用ヘルメット着用≫

 特定小型原動機付自転車の運転者には、乗車用ヘルメットの着用の努力義務があります。

 交通事故の被害を軽減するためには、頭部を守ることがとても重要です。自分の命を守るため、乗車用ヘルメットを着用しましょう。

≪交通≫

 車道と歩道又は路側帯の区別があるところでは、車道を通行しなければなりません(自転車道も通行することができます)。道路では、原則として、左側端に寄って通行しなければならず、右側を通行してはいけません。

【罰則】  3月以下の懲役又は5万円以下の罰金等

 

 歩道を通行するときは、歩行者優先です。歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければなりません。また、特例特定小型原動機付自転車は、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、道路の左側に設けられた路側帯(歩行者用路側帯を除く。)を通行することができます。

【罰則】  2万円以下の罰金又は科料

 

 

 

 

 

 詳しくは、下記のURLをご参照ください。

https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/tokuteikogata.html