電気科日誌

3学年選択電子回路〔センシング技術〕

9月10日にものつくり大学の永井先生から受けた講義より、電子回路の授業ではセンサとマイコンの応用をテーマに授業を行っています。

micro:bitを使って、様々なセンサを学んだあと実際に使用して、センシング技術について学んでいます。

今回は照度センサと温度センサについてのセンシングです。

課題として

「手をセンサにかざしたとき、LEDを点灯させる」

「センサの検知温度が30℃を越えた時、お知らせブザーを鳴らす」

が与えられ、生徒は3人1組でセンサの使い方や、マイコンでの処理の仕方を復習しながら、課題解決他のための状態遷移を考え実装していました。

生徒は色々と試行錯誤しながら課題に取り組んでいました。

プログラム処理の仕方にはチームごとに異なり、各班の発表から処理方法の工夫などを学んでいました。

全ての班が時間内に課題をクリアしていて、大学の講義を生かし自分たちで応用方法を考える事ができていました。

徐々にではありますが、「センシング」についての理解が深まってきたように思えます。

今後は加速度センサや方位センサなどを学び、今取り組んでいる課題研究の授業につなげていきたいと思います。