電気科日誌

【1年生】電工キング3日目

今学期に入ってから1年生を対象に行っている電工キングですが、2月8日(月)に3日目を迎えました。

今日は最終日に行われる電気工事の単位作業の候補問題が公開され、その練習を各自が行いました。

 

単位作業とは、実際の電気工事士試験でも行われる実技試験で、特定の条件を満足するための電気工事回路を略図(単線図)で示し、それを元に実際の工事回路を作成(複線図)して電線と電材を加工し工事するものです。

本校電気科は1年生の当初から、この電気工事作業の実習や教室授業(座学)があり、生徒は長い時間をかけてその修得をしてきました。

今回の試験は、その成果を確認するべく、実際の試験の問題を一部変えた問題を複数候補問題として提示し、実際の問題は当日抽選により決定して実施します。制限時間も本番さながらの設定なので、毎年生徒は緊張感に包まれながら取り組みます。

今日も生徒は、今までの学習を確認しながら回路図作成や工事を確認していました。1年生ではありますが、三工技のカリキュラムを経ている生徒はすでに実際の国家試験の技能試験にほぼ対応しています。

来週15日(月)の本番ではどのような結果となるのか、楽しみです。