電気科日誌

第二回 電気科杯 電工キング決定戦④

電工キング決定戦実技部門の日です。
実技部門は、チーム戦ではなく、個人戦で優劣を決する内容ですので電気科に入学して1年間、
実習や授業で学んで身に着けた自分自身の技術だけが頼りです。

 
簡単な回路ですが、電工ナイフで作業するため、基礎基本が身についていないと、上手に作ることができません。
刃物を使うので、生徒達は集中して黙々と作業に打ち込んでいました

 

完成したら、担当教員のチェックを受けます。
早く作るだけでは電工キングにはなれません。正確にミスなく作ることも大切なのです。

 

最後に表彰式です。
筆記部門は1チーム表彰で3名
実技部門は3位まで表彰で3名の表彰です。
入賞した生徒には、賞状副賞トロフィーが贈られました。

 

 

 

電工キング決定戦は、電気科で取得する資格試験である、第二種電気工事士試験の受験を見据えて実施しています。
この試験は、「絶対受かるぞ!」という気持ちを持てるか否かで合格率が変わります。
生徒同士が互いに教えあったり、自然と勉強する雰囲気が教室に充満していくことで、生徒の勉強に対する
姿勢が変わり、結果として合格率が高くなるのです。
今年も電気科では職員一丸となって、生徒全員合格目指して、今年も全力でサポートしていきます!

 

チーム対抗筆記部門優勝チーム                          実技部門の入賞者(準優勝・優勝・3位)