日誌

第2学期終業式

生徒表彰(放送部、剣道部、無線部)に続き、第2学期終業式を実施しました。感染状況がやや落ち着き、コロナ禍前に近い活動ができたかと思ったのも束の間、オミクロン株の登場で早くも3学期が心配です。こんな時だからこそ、生徒には自分自身をしっかり持って将来を見据えてほしいと願い、講話を行いました。

(以下、校長講話概要)

おはようございます。

2学期はコロナの感染状況がかなり落ち着き、昨年に比べると学校行事がかなり実施できました。皆さんの頑張りや活躍を多く見ることが出来て、大変うれしく思っています。体育祭で競技の出番の合間に与えられた任務を果たす姿や、文化祭の企画で日頃培った技術をちらつかせるあたりは、さすがだなと感じました。 

そして冬休みとなるわけですが、こんな言葉が思い浮かびます。「少年よ大志を抱け」クラーク博士の言葉です。夢は大きいほど得るものも大きい。若い皆さんは力と無限の可能性を持っているという意味です。

また、「1年の計は元旦にあり」 物事は初めが大事。年の初めにしっかり計画を立てて着実に実行せよという意味です。

また、「少年老い易く、学なり難し。一寸の光陰軽んずべからず」 若い時期はすぐ過ぎて行く。わずかな時間でも大切にせよ。という意味です。 

是非冬休みに、将来どんな自分になりたいのか、考えてみてください。イメージしずらい人は、まず「なりたくない自分」を複数考えてからにすると「なりたい自分」がイメージしやすくなるという説もあります。

なりたい自分が決まったら、計画は「大谷翔平目標達成シート」を参考にすると良いと思います。校長の1学期終業式のページにも解説しています。

そして、すぐ実行に移しましょう。令和4年が皆さんにとって飛躍の年になるように希望しています。 

次にコロナですが、新種のオミクロン株が国際的に感染拡大傾向にあります。皆さんも既にご存知だと思います。感染力が強く再感染しやすいとされています。国内でも市中感染が確認されています。詳細はまだわかりませんが、仮に重症化はしにくくても感染が広がれば学校教育には影響が出ます。3学期も修学旅行など大きな行事があります。

生徒の皆さんは冬休み中も是非、マスク、手洗い、消毒、換気など感染防止を継続してください。ワクチンも任意ではありますが検討ください。感染者を責めることがあってはなりませんが、感染を避ける努力は必要です。 

それでは来年1月11日(火)、始業式で元気な皆さんに会えることを楽しみにしています。