電気科日誌

2017年1月の記事一覧

平成28年度 電気科課題研究発表会

平成29年1月20日(金)、5限目6限目を使い本校視聴覚室にて本年度の課題研究発表会が実施されました。
課題研究は、3学年時に、2年間の学習内容を元に生徒自身がテーマを決め1年間研究する授業です。本校電気科では週3時間この授業があります。

毎年、電気科では「電気に関するものづくり」を主テーマに課題設定をしています。
本年度は、「エレキギターの製作」「電車に関するもの作り」「イライラ棒の製作」「自然環境施設の製作」「LED電光掲示板(5科連携)の製作」「ラジコンカーの製作」の6テーマに分かれ実施してきました。
そして、最終日となるこの日、今までの研究成果を電気科1、2年生や職員の前で発表しました。
    
    
    
    
 

 
  
    
各テーマとも、毎日遅くまで残って作業していたり上手くいかなかった時のエピソードを交え、その苦労が伝わり非常に内容が濃く聞きごたえのあるものでした。
今日の話を聴いた後輩たちにも、しっかりとその成果や苦労が伝わったと思います。
三工技電気科の伝統をしっかりと受け継ぎ、来年の課題研究でも発揮されていくと思います。
3年生のみなさん、お疲れ様でした。



最後に2年生からの感想発表がありました。
来年度の活躍を期待します!

第一種電気工事士試験合格!

平成29年1月13日(金)に平成28年度第一種電気工事士の合格発表が行われました。
この資格は送電線など高圧の電気工事を行える資格です。
本年度も本校電気科生徒は、取得に向けて昨年9月から補習授業を行い、取得を目指して頑張ってきました。

筆記試験を10月2日(日)、実技試験を12月4日(日)に受験し見事年生3名が合格を果たしました。

今回の試験は、全国受験者の合格率29%と非常に難しい試験でしたが、日頃の努力の成果が実った結果であると思います。

今後も高みを目指して頑張ってください!合格おめでとう!

合格を果たした3人
(左から森川陽平君【三郷市立南中学校】、湯田直也君【草加市立新栄中学校】、松永蒼史君【三郷市立栄中学校】)

エンジニアになるみんなへの授業【3学年】

3年生も学校での授業は、残すところあとわずかとなりました。
今日は6限の授業「電気機器」という科目で、ジグソー学習を行いました。

今日のテーマは「適切なモータは何?」です。
この科目では、電力を使った様々な機器について学びます。
モータについても様々な事を学んできました。

今回はそれらの知識を使い、自分の理想とする扇風機を作るにはどの様なモータを選定する
べきかという授業を行いました。
エキスパートA班はブラシレスモータ、B班は永久磁石DCモータ、C班はサーボモータを学び、
各エキスパートが一人ずつ集まりモータの特徴や自分が考える適切な使用方法について意見
交換し、ジグソー活動を行いました。
その後、グループとしての設計を行い、グループごとのプレゼンを行いました。

状況や目的から設計をして、各グループとも異なった様々な扇風機が提案されました。
またプレゼンを聞き、それぞれについて判断する姿勢は、エンジニアとして成長をしている
姿として素晴らしく思いました。

まもなく3年生は家庭研修を経て卒業を迎えます。
単に学んだだけでなく、その知識を生かしたエンジニアとして活躍する事を期待します。