電気科日誌

2018年12月の記事一覧

冬の公開講座【電気科】

平成30年度の電気科公開講座を行いました。
この講座は、埼玉県の県立学校公開講座という催しで、県立学校の職員がその技能・技術を地域に還元する目的で行われています。
5年目になる今回は、手作りスピーカーを行いました。
自分で作るコイルと永久磁石を使い紙コップで音を聞く装置の製作を行いました。
参加者は小学校低学年が多く、製作には苦労していたようですが、おうちの人の協力のもと全員が完成させていました。完成後は、歓声が聞こえ楽しんでもらえたようです。
難しいイメージのある電気ですが、その現象はとても面白く楽しい事だと伝えることができたと思います。
今後もぜひ御参加ください。お待ちしています。


電気科のミニ新幹線が「散歩の達人」に掲載されました!

電気科で取り組んでいるミニ新幹線の運行が、交通新聞社の「散歩の達人」という本に掲載されました。
この本は月刊誌で、各地の名店や景勝などを紹介する本です。
今回は、大宮・浦和を特集しており、取材当日に大宮を訪れていた記者の方が、産業教育フェアが行われていた大宮ソニックシティを取材中に撮影していただきました。
大宮の紹介ページの最初に掲載されています。ぜひ書店で見かけた際には、お手に取ってご覧ください。


学校見学会&体験入学

本日第二回体験入学と学校見学会が行われました。
今回は、「電気工事」をテーマに体験入学を行い、その後学科説明等の見学会を行いました。
体験入学では、全員が完成させ通電試験もクリアしました。参加者からは、安堵の表情や喜びの声が聞こえました。
その後の説明では、電気科の魅力や、将来の展望などをお話しさせていただきました。
まもなく入試が始まります。中学生のみなさんにとって最良の結論が得られることを祈っております。
次回は1月19日(土)に学校説明会がありますので、電気科を御検討いただいてる中学生の皆さんの参加をお待ちしております。

課題研究

課題研究も各班で佳境を迎えています。

1月には課題研究発表会が行われます。当日は1、2年生も参加しますので発表に向けての準備も念入りに行っています。当日良い発表を聞ける事を楽しみにしています。

【平成30年度課題研究テーマ】
イライラ棒、自然環境施設(発電設備)、事前環境施設(微生物燃料電池)、新幹線、エレキギター、電気自動車